ATS2016:

 サンフランシスコではATSが開催されます。めぼしい演題についてはいくつかチェックしており、あとはSNSなどを通じて情報を集めるのを楽しみにしております。今年は臨床・プライベートともに多忙な1年であり、今年はブログでATS速報をお届けできそうにありません。

 ちなみに、これまでATSのアブストラクト検索の方法が2016年から大きく変更になりました。分かりにくいところにあるので、順を追ってご説明しましょう。

 まずウェブサイトの「SESSION INFORMATION」をクリックします。
e0156318_22494129.jpg
 次に「Abstract Sessions」をクリックします。
e0156318_22501698.jpg
 Mini Symposia、Poster Discussion Sessionsに重要な臨床試験や大規模な研究の報告が集まっています。Thematic Poster Sessionsのアブストラクト数は極めて膨大です。
e0156318_22525929.jpg

Mini Symposiaをクリックしてみると、いくつもセッションが並びます。たとえばCOPD急性増悪のセッションを選んで、Show Detailsを押してみましょう。
e0156318_22572592.jpg
 すると下にズラリとAbstractが出てきます。このようにして気になるセッションのAbstractを読みふけるとよいでしょう。
e0156318_22591744.jpg
 しかし、気になるAbstractだけをチェックしたいという人は、Abstractをキーワードで検索することができます。
e0156318_238698.jpg
 Presentation Titleにキーワードが含まれるものをたとえば「”idiopathic pulmonary fibrosis” "nintedanib"」といった感じでクォーテーションマークで区切りながら追加していくといった方法で絞っていくことも可能です。ただし、Abstract単一を検索できずにセッショントップが表示されるので、「Ctrl+F」でページ内ワード検索をかければ目的のAbstractが簡単に検索することができます。
e0156318_23111744.jpg
 これでIPFに関するnintedanibの報告をしたATS2016の演題を検索することができます。

by otowelt | 2015-05-14 23:15 | 呼吸器その他

<< ATS2015:IPFに対する... ATS2015の予習:COPD... >>