気管支鏡による大量出血の予後予測因子

e0156318_9511053.jpg 気管支鏡の論文はあまり多くないので、参考になります。

Guo-Wu Zhou, et al.
Flexible bronchoscopy-induced massive bleeding: A 12-year multicentre retrospective cohort study
Respirology, DOI: 10.1111/resp.12784


背景および目的:
 大量出血は軟性気管支鏡による最も致命的な合併症であるが、気管支鏡による大量出血はまれであり、臨床的特徴と予後因子は不明である。

方法:
 これは2001年1月~2013年6月の間に、気管支鏡を受けたすべての患者の33施設共同後ろ向きコホート研究である。臨床的特徴とアウトカムが抽出された。

結果:
 520343人の気管支鏡を受けた患者のうち、194人が大量出血をきたした(0.037%)。平均出血量は378mLだった。気管支鏡を受けた全患者のうち死亡率は0.004%で、大量出血患者のうち10.8%だった。診断的気管支鏡よりも治療的気管支鏡の方が出血のリスクが有意に高かった(頻度0.059% vs 0.031%, P < 0.001; 出血者のうちの死亡率20% vs 8.4%, P = 0.068)。多変量解析によれば、65歳以上、気管出血、500mL以上の出血、ショックは予後不良の独立予測因子だった。緊急手術は予後良好の予測因子だった。再出血は6人(生存者のうち3.5%)にみられ、3人が1ヶ月以内に死亡した。

結論:
 気管支鏡による大量出血はまれであるが致死的である。年齢、出血部位、出血量、循環動態、緊急手術が予後規定因子である。


by otowelt | 2016-05-31 00:15 | 気管支鏡

<< ILDに対する長期ステロイド治... ICS継続使用は喘息発作リスク... >>