ギリシャにおける非嚢胞性線維症の気管支拡張症の臨床像

e0156318_1519449.jpg 男性が意外に多いのは、陳旧性結核による続発性気管支拡張症を入れたからでしょうか。

Dimakou K, et al.
Non CF-bronchiectasis: Aetiologic approach, clinical, radiological, microbiological and functional profile in 277 patients.
Respir Med. 2016 Jul;116:1-7.


背景および目的:
 非嚢胞性線維症(CF)の気管支拡張症はギリシャではよくみられるが、その疫学、臨床所見、放射線学的所見、微生物学的所見、肺機能プロファイルの知見は少ない。

方法:
 われわれは胸部HRCTで診断された非CF気管支拡張症の患者を前向きに評価した。疫学、臨床データ、放射線学的スコアリング、微生物学的プロファイル、肺機能検査を調べた。

結果:
 気管支拡張症を有する277人の患者(170人が女性、平均年齢60.5±16歳)が評価された。64%が非喫煙者であった。感染後(25.2%)および過去の結核既往(22.3%)はもっともよくみられる基礎病態であり、34%の患者は原因がはっきりしなかった。主症状は咳嗽(82%)、膿性痰(80%)、呼吸困難感(60%)、血痰(37%)だった。平均有症状期間は9.7年だった。感染性増悪は67.5%の患者にみられ、平均年2.3回の頻度だった。もっともよくみられる肺機能パターンは閉塞性(43.1%)であったが、38%は正常のスパイロメトリーだった。緑膿菌(43%)が最もよくみられた喀痰培養の病原微生物で、次いでインフルエンザ桿菌(12.6%)だった。緑膿菌を有する患者はより長期に罹患しており、肺機能が悪かった。放射線学的な重症度は、肺機能障害、緑膿菌の存在、増悪の頻度と関連していた。

結論:
 ギリシャにおいて陳旧性結核は気管支拡張症の重要な原因であった。緑膿菌がもっともよくみられる病原微生物であり、これは疾患重症度と関連していた。もっともよくみられた肺機能障害は閉塞性換気障害であった。


by otowelt | 2016-06-30 00:26 | 呼吸器その他

<< CheckMate-012試験... 就学前児童の喘鳴コントロール評... >>