ALK variant 1はザーコリ®が効きやすい

e0156318_16174587.jpg 非常に興味深い論文です。勉強になりました。

Yoshida T, et al.
Differential Crizotinib Response Duration Among ALK Fusion Variants in ALK-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer.
J Clin Oncol. 2016 Jun 27. pii: JCO658732. [Epub ahead of print]


目的:
 ALK再構成陽性非小細胞肺癌(NSCLC)は、クリゾチニブのようなALKチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)によって効果的に治療されるが、反応性や奏効期間は不均一である。ALKにはいくつかのvariantが存在するが、これらによる効果の差についてはほとんど検証されていない。

患者および方法:
 2007年1月から2014年12月までにクリゾチニブで初回治療を受けた55人の患者のうち、腫瘍検体が得られ逆転写ポリメラーゼ連鎖反応によってALK variantの評価ができた35人を登録した。ALK variantごとの客観的奏効率(ORR)および無増悪生存期間(PFS)をもとに後ろ向きにクリゾチニブの効果を調べた。

結果:
 もっともよくみられたALK variantはvariant 1(EML4 exon13とALK exon20の融合)が19人(54%)、続いてvariant 2が5人(14%)、variant 3a/3b(EML4 exon6 とALK exon20の融合)が4人(12%)、その他のvariantが7人(20%)だった。ORRは全患者で69%で、variant 1は74%、non-variant 1は63%だった。PFS中央値は、non-variant 1よりもvariant 1で有意に長かった(11.0ヶ月[95%信頼区間6.5-43.0] v 4.2ヶ月[95%信頼区間1.6-10.2], P < .05)。多変量解析では、PFS延長に関して2つの独立因子が同定された。すなわち、ALK variant1(ハザード比0.350; 95%信頼区間0.128 to 0.929; P < .05)、進行病期(ハザード比4.646; 95%信頼区間1.381 to 21.750; P < .05)である。

結論:
 ALK variant 1のある患者はnon-variant 1の患者よりもクリゾチニブの効果が良好である。ALK variantステータスがALK-TKIの効果に影響するかもしれない。


by otowelt | 2016-07-04 00:29 | 肺癌・その他腫瘍

<< プロコフィエフの死因は脳出血 CheckMate-012試験... >>