クリゾチニブ治療を受けたALK陽性非小細胞肺癌の後治療チャートレビュー

e0156318_21153247.jpg ザーコリ®、アレセンサ®、ジカディア®の位置付けがエキスパートの間でも少々異なるため、色々なメディアから情報収集をしています。

Cadranel J, et al.
Characteristics, treatment patterns, and survival among ALK+ non-small cell lung cancer (NSCLC) patients treated with crizotinib: A chart review study.
Lung Cancer. 2016 Aug;98:9-14.


背景:
 第2世代ALK阻害剤は、クリゾチニブで治療を受けたALK陽性非小細胞肺癌(NSCLC)に対して最近使用されている。この研究は、局所進行性/転移性クリゾチニブ既治療ALK陽性NSCLC患者の臨床的特徴、治療シークエンス、アウトカムを調べたものである。

方法:
 本研究は、2014年7月から2015年6月まで、イギリス、EU、韓国、南アメリカで実施された後ろ向きのチャートレビューである。クリゾチニブ治療を受けたALK陽性NSCLC患者を同定し、臨床的特徴、治療内容、生存期間を事前に規定した症例登録票に基づいて抽出解析した。全生存期間(OS)および無増悪生存期間(PFS)を記述するためKaplan-Meier解析を用いた。

結果:
 試験期間中クリゾチニブ治療を受けたALK陽性NSCLC患者が158人登録された。クリゾチニブは主には二次治療として用いられていたが(41%)、地域によって大きな差がみられた。クリゾチニブ治療を受けた約半数(53%)の患者がさらなる抗癌剤治療を受け、第2世代ALK阻害剤(44%)、その他の化学療法(42%)が主な治療内容であった。クリゾチニブ治療中断後、OSは8.2ヶ月であった。第2世代ALK阻害剤を開始しなかった患者のOSは4.9ヶ月であり、それを投与されていない患者のOSはnot reachedであった。その他の化学療法を受けた患者の後治療開始後PFSは3.6ヶ月であった。

結論:
 クリゾチニブ中断後、多くの患者が抗癌剤治療を受けていなかった。また、第2世代ALK阻害剤を受けていない患者ではOSは短かった。現在使われるようになった第2世代ALK阻害剤は、ALK陽性NSCLC患者の治療オプションとして重要な位置づけである。


by otowelt | 2016-07-29 00:33 | 肺癌・その他腫瘍

<< メタアナリシス:COPDに対す... くしゃみの速度は時速何km? >>