好酸球数が少ないCOPD患者は肺炎リスクが高い?

e0156318_1633480.jpg GSKの援助を受けた研究ですが、COPD+ICS→肺炎リスクという知見に一石を投じる内容です。

Ian D Pavord, et al.
Blood eosinophil count and pneumonia risk in patients with chronic obstructive pulmonary disease: a patient-level meta-analysis
Lancet Respiratory Medicine, 2016 in press.

背景:
 吸入ステロイド薬(ICS)はCOPDにおける重要なマネジメントであるが、中等症~重症COPD患者では肺炎のリスクを上昇させる。血中好酸球数比率が2%以上の患者では、2%以下の患者よりもICSへの反応性が良好であるため、血中好酸球数がCOPD患者の肺炎リスクに影響を与えるかもしれない。このpost-hocメタアナリシスにおいて、われわれは血中好酸球数比率2%の閾値が、肺炎リスクの異なる患者をICS治療の有無にかかわらず同定することができるかどうか調べた。

方法:
 GSK社の試験レジストリから、COPD患者のランダム化二重盲検試験を抽出した。適格試験は、ICSアーム(フルチカゾンプロピオン酸/サルメテロールあるいはフルチカゾンフランカルボン酸/ビランテロール)およびコントロール群(フルチカゾン非吸入)が設定され、ランダム化前と少なくとも24週間後の血中好酸球数データが観察されているものとした。血清好酸球数比率(白血球数の2%未満vs 2%以上)によって層別化し、肺炎イベントを有した患者数をデータとして記録した(ICS使用の有無は問わない)。

結果:
 1998年~2011年に10試験が登録された。血中好酸球数データが得られたCOPD患者10861人が対象となった。4043人はベースラインの好酸球比率が2%未満で、6818人は2%以上だった。血清好酸球比率が2%未満の患者のうち149人(3.7%)が1回以上の肺炎イベントを、2%以上の患者のうち215人(3.2%)が1回以上の肺炎イベントを起こした(ハザード比1.31; 95%信頼区間1.06–1.62)。ICS治療を受けていない患者では、血清好酸球比率が2%未満の患者のうち40人(3.8%)が肺炎イベントを、2%以上の患者のうち48人(2.4%)が肺炎イベントを有していた(ハザード比1.53; 95%信頼区間1.01–2.31)。ICS治療を受けていた患者では、それぞれ4.5%、3.9%であったが統計学的な有意差はなかった(ハザード比1.25、95%信頼区間0.98-1.60)。

結論:
 血中好酸球比率2%を閾値に設定すると、COPD患者で好酸球数が少ない患者は、好酸球数が多い患者よりも肺炎リスクが高かった。このリスク上昇は統計学的に小さなものであるが、さらなる前向き研究で検討すべき知見である。


by otowelt | 2016-08-24 00:59 | 気管支喘息・COPD

<< 気管支内軟骨破裂の症例 特発性NSIP患者の膠原病発症... >>