システマティックレビュー:説明のつかないCOPD急性増悪では肺塞栓を考慮すべき

e0156318_1015674.jpg COPD急性増悪でなくとも、疑うべきときは疑わなければならない重要な疾患です。

F.E. Aleva, et al.
Prevalence and Localization of Pulmonary Embolism in Unexplained Acute Exacerbations of COPD: A systematic review and meta-analysis
Chest. 2016. doi:10.1016/j.chest.2016.07.034


背景:
 COPD患者は炎症亢進エピソード、いわゆるCOPD急性増悪に遭遇することがある。この30%において原因ははっきりわからないとされている。炎症と血栓の間にはよく知られた関連があるため、この研究では説明のつかないCOPD急性増悪において、塞栓症の局在と頻度、肺塞栓の臨床マーカーを同定した。

方法:
 MEDLINE、EMBASEを用いてシステマティックに検索を実施した(1974年~2015年10月)。COPD急性増悪患者において肺塞栓を診断するため胸部CT血管造影を実施された前向きおよび横断研究を抽出した。

結果:
 22論文がレビューされ、7試験が登録された。説明のつかないCOPD急性増悪のうち肺塞栓がみられた頻度は16.1%だった(95%信頼区間8.3-25.8%)。68%の塞栓は肺動脈主幹、葉動脈、葉間動脈にみられた。死亡率および入院期間は説明のつかないCOPD急性増悪患者および肺塞栓患者では上昇・延長した。胸膜痛および心不全は説明のつかないCOPD急性増悪患者および肺塞栓患者でよくみられる臨床所見だった。反面、気道感染徴候は肺塞栓による増悪では頻度は少なかった。

結論:
 説明のつかないCOPD急性増悪で肺塞栓はよくみられる。塞栓の3分の2はその局在が明らかであり、抗凝固療法の適応となろう。特に胸膜痛や心不全徴候があり、感染徴候が明らかでなければ、説明のつかないCOPD急性増悪患者では肺塞栓を注意すべきである。


by otowelt | 2016-08-31 00:14 | 気管支喘息・COPD

<< COSYCONET研究:COP... チオトロピウムによるCOPD治... >>