気管支内軟骨破裂の症例

 こんな症例、初めて読みました。まだまだ勉強が足りないと思っていたら、外傷性以外では世界で初めての報告のようです。これを機に頭に入れておきたいですね。

Dasa O, et al.
Endobronchial Cartilage Rupture: A Rare Cause of Lobar Collapse.
Case Rep Pulmonol. 2016;2016:8178129.


 気管支内軟骨破裂(Endobronchial cartilage rupture)は、まれな事象であり、重症の気腫肺がある患者が突然の呼吸困難感を訴える。われわれは突然の呼吸困難感を主訴に救急受診した62歳の男性の事例を報告する。胸部レントゲン写真では、肺の過膨張がみられた。胸部CTでは中葉が虚脱していた。気管支鏡を実施すると、中葉が無気肺になっており、気管支内に軟骨が破裂脱落していた。咳嗽によって惹起されたものと推察された。

※論文中に気管支内に突出した軟骨の写真があります。気管支鏡を普段扱う医師は、是非ご覧いただきたいと思います。


by otowelt | 2016-08-25 00:23 | 気管支鏡

<< フェヴィピプラント(fevip... 好酸球数が少ないCOPD患者は... >>