ANASA試験:ドライパウダー吸入器は喘息・COPDの幅広い患者で満足度が高い

e0156318_13444742.jpg Facebookページ(https://www.facebook.com/pulmonarist)でERS2016の速報ニュースを流しているので、興味のある人はご覧ください。
 
 エルペンヘラーは一度銀紙を差し込まないといけないつくりになっているので、わずらわしいと思うのですが・・・。なぜ高得点だったのだろう?

Zervas E, et al.
Assessment of satisfaction with different dry powder inhalation devices in Greek patients with COPD and asthma: the ANASA study.
Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2016 Aug 5;11:1845-55. doi: 10.2147/COPD.S113870. eCollection 2016.


背景:
 吸入治療のアドヒアランス不良は喘息およびCOPD患者でよくみられる。患者の嗜好に合わせた吸入薬の選択は、アドヒランスおよび治療効果にとって有益になりうる。質問票を用いて吸入薬に対する患者満足度を調べることができる。この研究の目的は、吸入薬満足感(FSI-10)質問票を用いて、ドライパウダー吸入器(DPI)(ディスカス®、エルペンヘラー®、タービュヘイラー®)の使いやすさや満足度を調べることである。FSI-10は自己完結型の質問票で、使いやすさ、携帯性、操作性などを評価したものである。

患者および方法:
 4週間の多施設共同非介入試験を実施した。登録患者は560人の喘息患者と561人のCOPD患者である。初診時、患者は使用DPIによって3群に分けられた(セレタイドディスカス、ロレニウムエルペンヘラー、シムビコートタービュヘイラー)。再診時にFSI-10の記入に協力してもらった。

結果:
 517人のCOPD患者および523人の喘息患者が研究を完遂した。全てのDPIの満足度は良好であったが、エルペンヘラー群がよりFSI-10が高かった(それぞれCOPD,喘息の順、エルペンヘラー:44.7 and 44.1 vs タービュヘイラー:41.5 and 43, P<0.001、ディスカス:40.8 and 41.4, P<0.01)。 タービュヘイラーは喘息患者ではディスカスより良好な満足度が得られた。デバイスにかかわらず、重症COPD患者は中等症あるいは軽症のCOPD患者よりも満足度が高い傾向にあった。

結論:
 喘息およびCOPD患者において、全てのDPIは受け入れ良好であった。エルペンヘラーは質問票の多くの項目で高得点を獲得した。進行期のCOPD患者は、デバイス満足度が高い傾向にあった。


by otowelt | 2016-09-07 00:29 | 気管支喘息・COPD

<< ERS2016閉幕! CALIMA試験、SIROCC... >>