RE2SPOND試験:COPDに対するロフルミラストは重症例に対して増悪を減らす効果

 愛読ブログのHospitalistで紹介されていたので、さっそく読みました。
 REACT試験と同じく、重症/超重症のCOPD患者さんを対象にしたランダム化比較試験です。REACT試験は12週フォローアップだったので、52週という長期の研究はこれが初めてです。
 ERSでもロフルミラストのポスターセッションがありましたが、るいそうのあるCOPD患者さんには副作用が強く出ると結構厳しいと思います。欧米のように、下腹部がぷっくりしたCOPD患者さんには耐えうる治療なのかもしれませんが。Twitterでフォローしているヨーロッパのドクターは「体重減少がやはりキツイ」とおっしゃっていました。
 COPDのこの手の研究では、ベースラインのCOPDが軽症(GOLD I)、中等症(GOLD II)、重症(GOLD III)、超重症(GOLD IV)かどうかという切り口と、COPDの増悪が中等症(経口あるいは点滴の全身性ステロイド治療を要するもの)、重症(入院を要したり死亡したもの)かどうかという切り口が幾通りにも設定できるので注意が必要です。

Martinez FJ, et al.
Effect of Roflumilast and Inhaled Corticosteroid/Long-Acting β2-Agonist on Chronic Obstructive Pulmonary Disease Exacerbations (RE(2)SPOND). A Randomized Clinical Trial.
Am J Respir Crit Care Med. 2016 Sep 1;194(5):559-67.


背景:
 COPD患者に対して最大限の吸入療法をおこなっても、中等症および重症の増悪は完全に予防できない。

目的:
 最大限の吸入ステロイド薬(ICS)/長時間作用性β2刺激薬(LABA)、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)の吸入をおこなっても増悪のリスクがある患者において、ロフルミラストが中等症および重症のCOPD増悪を減らすかどうか同定すること。

方法:
 52週間の第IV相二重盲検プラセボ対照試験(RE2SPOND試験)において、40歳以上の重症/超重症COPD患者、慢性気管支炎患者、過去1年間で2回以上の増悪や入院を経験した患者、毎日のICS/LABAおよびLAMAを3ヶ月以上続けた患者を、ランダムに1日1回のロフルミラスト500μg(1178人)あるいはプラセボ(1176人)に割り付けた。LAMAの使用によって層別化もおこなった。
e0156318_9512482.jpg
(下記IJCOPDより引用)

結果:
 患者1人・1年あたりの中等症あるいは重症の増悪(プライマリエンドポイント)は、ロフルミラスト群でプラセボよりも8.5%減少したが、群間差は統計学的に有意ではなかった(率比0.92; 95%信頼区間0.81-1.04; P = 0.163)。しかしながら、ロフルミラストは肺機能を改善した。
e0156318_9524587.jpg
(文献より引用)

 事後解析では過去1年で3回以上の増悪を経験した患者では中等症あるいは重症のCOPD増悪が39%減少した(率比0.61; 95%信頼区間0.39–0.95;P = 0.030)。過去1年で重症の増悪を経験した患者では中等症あるいは重症のCOPD増悪が25%減少した(率比0.75; 95%信頼区間0.60– 0.93;P =0.010)。また、ロフルミラストは過去に入院を要した増悪を有する患者において中等症のCOPD増悪を有意に減少させた(率比0.78;95%信頼区間0.61– 1.00)。
e0156318_1054493.jpg
(文献より引用改変)

 有害事象による休薬はロフルミラスト群の11.7%、プラセボ群の5.4%にみられた。死亡はそれぞれ2.5%、2.1%にみられた。

結論:
 当研究の全被験者に対してロフルミラストは統計学的に有意なCOPD増悪を減らす効果はなかった。ロフルミラストは肺機能を改善し、頻繁に増悪がみられたり入院歴がある重症例に対して増悪を減らす効果があった。安全性プロファイルは過去の研究と同等であった。

付記:
 試験デザインの詳細については、IJCOPDに同時期に掲載されている。
Rennard SI, et al. Effects of roflumilast in COPD patients receiving inhaled corticosteroid/long-acting β2-agonist fixed-dose combination: RE(2)SPOND rationale and study design. Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2016 Aug 17;11:1921-8.


by otowelt | 2016-09-12 00:38 | 気管支喘息・COPD

<< 周術期ピレスパ®は肺癌手術後の... 慢性好酸球性肺炎では診断時の非... >>