IPFの気腫合併例はIPF単独よりも予後不良

e0156318_7331272.jpg 当院に勤務されていた先生の論文です。ちゃんと形にされているので私も見習わねば。

Kohashi Y, et al.
Clinical Impact of Emphysema Evaluated by High-Resolution Computed Tomography on Idiopathic Pulmonary Fibrosis Diagnosed by Surgical Lung Biopsy.
Respiration. 2016 Aug 31. [Epub ahead of print]


背景:
 肺線維症と気腫の合併例の予後については解決されておらず、これは気腫例においてUIPパターンとNSIPパターンの放射線学的鑑別が困難だからである。

目的:
 この研究の目的は、IPF患者における気腫の存在が生存に与える臨床的影響を調べることである。

方法:
 2006年~2012年の間に、107人が肺生検によって間質性肺疾患と診断された。47人がIPFと診断された。HRCTにおける気腫は半定量的に評価された。

結果:
 47人のIPF患者のうち8人が高い気腫スコア(3点超)を呈しており、IPF-気腫と診断された。このIPF-気腫患者の生存期間中央値は初期診断から1734日であり、これはIPF単独の2229日と比べて有意に短かった(p = 0.007, log-rank test)。単変量Coxハザード回帰分析では高い気腫スコア(3点超)は、KL-6、SP-D、PaO2、%肺活量、%DLCOに加えて有意な予後不良因子であった。多変量Cox比例ハザード回帰分析では、高い気腫スコア(3点超)および%DLCOは有意な予後不良因子であった。

結論:
 IPF-気腫合併例の予後は、IPF単独よりも有意に不良である。


by otowelt | 2016-09-27 00:50 | びまん性肺疾患

<< IMPACT試験:homoge... サルコイドーシスとIPFにおける疲労 >>