PRoVENT試験:ICUで人工呼吸管理を受けている患者の30%はARDSリスクを有している

e0156318_1256030.jpg LIPSは1点増えるごとにARDS発症のオッズ比を1.5、ICU死亡率のオッズ比を1.22上昇させます(Crit Care Res Pract. 2015;2015:157408.)。ただ、FiO2>35%の状態にある合併症のある患者というだけですぐに4点に到達します。

Neto AS, et al.
Epidemiological characteristics, practice of ventilation, and clinical outcome in patients at risk of acute respiratory distress syndrome in intensive care units from 16 countries (PRoVENT): an international, multicentre, prospective study.
Lancet Respir Med. 2016 Nov;4(11):882-893.


背景:
 ARDSのリスクがあるICU患者の疫学的な背景や患者アウトカム、どのように換気マネジメントされているかについては情報が乏しい。われわれは、ARDSのリスクにある患者の疫学的背景、これらの集団の換気マネジメント、アウトカムをARDSのリスクのない集団と比較検討した。

方法:
 このPRoVENT試験は、16ヶ国116ICUで実施された国際多施設共同前向き研究である。人工呼吸管理をICUで1週間以上受けた18歳以上の患者を2014年1月~2015年1月まで登録した。肺傷害予測スコ(LIPS)によってARDSのリスクを層別化し、4点以上をARDSのリスクありと定義した。プライマリアウトカムは、ARDSのリスクがある患者の比率とした。セカンダリアウトカムには、換気マネジメント(1回換気量、PEEP)、肺合併症の発症、臨床アウトカムを設定した。

結果:
 3023人の患者がスクリーニングされ、935人が適格基準を満たした。これらのうち、282人がARDSリスクを有していた(30%、95%信頼区間27-33)。これはICU1ベッドあたり0.14症例/週に相当する。1回換気量は両群同等であった(中央値7.6 mL/kg PBW [IQR 6.7-9.1] vs 7.9 mL/kg PBW [6.8-9.1]; p=0.346)。PEEPはARDSリスクのある患者の方が高かった(中央値6.0 cm H2O [IQR 5.0-8.0] vs 5.0 cm H2O [5.0-7.0]; p<0.0001)。ARDSの発症は、ARDSリスクのある集団の方が多かった(19/260 [7%] vs 17/556 [3%]; p=0·004)。ARDSリスクのない患者と比較すると、ARDSリスクのある患者は院内死亡率(86/543 [16%] vs 74/232 [32%]; p<0·0001), ICU死亡率(62/533 [12%] vs 66/227 [29%]; p<0·0001), 90日死亡率(109/653 [17%] vs 88/282 [31%]; p<0·0001)が高かった。1回換気量はARDSを発症した集団とそうでない集団とで有意差はなかった。

結論:
 ICUで人工呼吸管理を受けている患者の3分の1はARDSリスクを有していた。肺合併症はARDSリスクのある患者でよくみられ、臨床アウトカムも不良だった。

by otowelt | 2016-11-15 00:36 | 集中治療

<< 間質性肺疾患診断目的の外科的肺... アルカプトン尿症によるBlac... >>