気流制限がないにもかかわらず気腫肺がみられる喫煙者の臨床的特徴

e0156318_23175684.jpg 大局的な流れとして、将来的にCOPDの定義が変わるような気がしています。少なくとも1秒率の定義だけではスクリーニング機能が不十分であることは明らかです。

Ana B. Alcaid, et al.
Clinical Features of Smokers with Radiological Emphysema but without Airway Limitation
Chest. 2016. doi:10.1016/j.chest.2016.10.044


背景:
 気流制限がないが気腫肺を有する患者の臨床的特徴については良く分かっていない。

目的:
 放射線学的に胸部CTで気腫肺がみられる気流制限のない現・既往喫煙者の臨床的特徴を、気腫肺のない現行喫煙者、既往喫煙者のそれと比較すること。

方法:
 被験者は身体測定、既往歴聴取、低線量CTを受けた。以下のパラメータが評価された:肺機能検査(DLCOを含む)、mMRC息切れスケール、CATスコア問診、6分間歩行試験。気腫肺がCTで観察された被験者と観察されなかった被験者を比較した。

結果:
 203人のうち、154人(78%)が気腫肺を有しており、49人が有していなかった。低線量CTで気腫肺がみられた患者はDLCOが異常(80%未満)を示しやすく(46% vs 19%, p=0.02)、6分間歩行試験中のSpO2が4%を超えて低下しやすく(8.5% vs 0%, p= 0,04)、QOLが障害されやすかった(CATスコア10点以上) (32% vs 14%, p=0.01)。CATスコアの各項目を調べると、気腫肺がみられる患者の多くが「胸がしめつけられる感じがする」(p=0.05)、「家庭での日常生活に制限を感じる」(p<0.01)と答えていた。また気腫肺がみられた患者は過去1年の増悪が有意に多かった(0.19 vs 0.04, p=0.02)。

結論:
 喫煙者には、気流制限がないものの低線量CTで気腫肺がみられる患者がおり、QOL低下、COPD増悪、DLCO低下、6分間歩行試験中の酸素飽和度の低下と関連していた。
 

by otowelt | 2016-12-05 00:52 | 気管支喘息・COPD

<< プール解析・メタアナリシス:I... 除脂肪量指数(FFMI)はIP... >>