チオトロピウム吸入においてディスクエア®はハンディヘラー®に非劣性

e0156318_2328395.jpg ディスクエアは見た目はほぼディスカスですが、ロックがついていたり、ワンタッチ操作であったり、やや改善された進化版です。

Yildiz P, et al.
Bronchodilator efficacy of 18 μg once-daily tiotropium inhalation via Discair® versus HandiHaler® in adults with chronic obstructive pulmonary disease: randomized, active-controlled, parallel-group, open-label, Phase IV trial.
Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2016 Nov 22;11:2859-2867. eCollection 2016.


目的:
 18μgのチオトロピウム吸入をディスクエア®あるいはハンディヘラー®の行った場合の気管支拡張効果を成人中等症~重症COPD患者で比較すること。

患者および方法:
 58人の中等症~重症COPD患者が登録され、ランダム化された。患者はランダムにディスクエア群(29人)、ハンディヘラー群(29人)に割り付けられた。プライマリ効果パラメーターは平均1秒量最大変化(L)とした。その他、努力性肺活量変化(L)、%1秒量、%努力性肺活量、1秒量および努力性肺活量の絶対変化に対する標準化AUC、安全性などを調べた。

結果:
 ディスクエアはハンディヘラーに非劣性であった(非補正1秒量変化0.0017 L [95%信頼区間-0.0777~0.0812])。ベースラインからの努力性肺活量の最大変化は両群で差はなかった(0.3417 L vs 0.4438 L, P=0.113)。特記すべき有害事象なども認められなかった。

結論:
 中等症~重症COPDに対するチオトロピウム吸入において、ディスクエアはハンディヘラーに非劣性であった。。

by otowelt | 2016-12-19 00:50 | 気管支喘息・COPD

<< GALA II研究・SAGE ... クリスマスBMJ2016:目次 >>