クリスマスBMJ2016:アカデミックなスパムメールは減らせない

e0156318_2395893.jpg 私もナントカジャーナルの編集長になりませんか、みたいなメールがよく来ます。

Christmas 2016 BMJ
Andrew Grey, et al.
We read spam a lot: prospective cohort study of unsolicited and unwanted academic invitations
BMJ 2016; 355 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.i5383 (Published 14 December 2016) Cite this as: BMJ 2016;355:i5383


目的:
 会議出席や論文投稿に際して(おそらく個人情報の悪用に違いないが)、アカデミックな電子スパム招待が来ることがしはしばある。その量、関連性、内容、抑制可能性について調べた。

方法:
 前向きコホート研究。参加者のE-mailの量を調べた。被験者は5人の高名な学者と1人の論文執筆者、編集者そして会議主催者とした。スパムメール送信者の配信リストから、受信を解除するようはからった。
 主要アウトカムは、配信リストから解除した直後および1年後のスパム招待数とした。重複した招待もカウントされ、各招待状の妥当性は受領者の研究上の利益にクラス分けされた。スパム招待の内容の定性的評価が行われた。

結果:
 ベースライン時に、被験者は1ヶ月で平均312のスパム招待を受け取った。解除によって、1ヶ月後に39%スパム量の減少がみられたが、1年後には19%の減少にとどまった。スパムメール招待の16%が内容が重複し、83%が受信者の研究分野への関連性がほとんどないか全くないものだった。スパム招待は、独創的な用語やお世辞が用いられており、そして極度な盛り上がり口調を特徴としていたが、時に驚くようなものもあった。
e0156318_1051352.jpg
(文献より引用)

結論:
 学術的な迷惑スパムメールは多く、何度も送付され、しばしば学業とは無関係であり、回避または防止することは困難である。

by otowelt | 2016-12-15 10:36 | その他

<< クリスマスBMJ2016:アン... クリスマスBMJ2016:サン... >>