クリスマスBMJ2016:尿からアスパラガスのニオイが分かる人とそうでない人の違い

e0156318_2395893.jpg 尿値(Pee values)とp値をダジャレにしているんですが、日本人ウケはどうでしょうか。

Christmas BMJ 2016
Sarah C Markt, et al.
Sniffing out significant “Pee values”: genome wide association study of asparagus anosmia
BMJ 2016; 355 doi: 10.1136/bmj.i6071 (Published 13 December 2016) Cite this as: BMJ 2016;355:i6071


目的:
 尿のアスパラガス代謝物のニオイがわかる遺伝的要因をさぐる。

方法:
 ゲノムワイド関連研究。Nurses’ Health StudyおよびHealth Professionals Follow-up Studyコホートを用いた。被験者は6909人の男女で、ゲノムワイド関連研究の遺伝的データが有用なヨーロッパ系アメリカ人。アスパラガスを食べた後に独特なニオイが尿から出るという質問に対して「非常にそう思う」と答えた人をアスパラガス臭識別者、それ以外をアスパガラス臭非識別者とした。

結果:
 2500人の男性のうち1449人(58.0%)、4409人の女性のうち2712人(61.5%)がアスパラガス臭非識別者であった。871の一塩基多型がアスパラガス臭非識別者に有意と考えられ、そのすべてが染色体1番(1q44 領域248139851-248595299)に属し、これは嗅覚受容体2ファミリーに属する遺伝子に関連している。条件付き解析では、3つの独立したマーカーがアスパラガス臭非識別者と関連していた(rs13373863, rs71538191, rs6689553)。
e0156318_13255715.jpg
(文献より引用)

結論:
 かなりの頻度でアスパラガス臭非識別者が存在することが分かった。複数の嗅覚受容体にかかわる遺伝子が、アスパラガス代謝物のニオイを尿から感じ取れるかどうかに関与している。

by otowelt | 2016-12-15 13:27 | その他

<< クリスマスBMJ2016:スマ... クリスマスBMJ2016:アン... >>