INPULSIS試験サブグループ解析:日本人IPF患者に対するニンテダニブの有用性

e0156318_7331272.jpg 日本人に対するオフェブ®のサブ解析の結果です。

Azuma A, et al.
Nintedanib in Japanese patients with idiopathic pulmonary fibrosis: A subgroup analysis of the INPULSIS® randomized trials.
Respirology. 2016 Dec 20. doi: 10.1111/resp.12960. [Epub ahead of print]


背景および目的:
 IPFは、慢性の進行性線維性間質性肺炎の一型である。プラセボと比較してニンテダニブは努力性肺活量(FVC)の年間減少率を有意に抑制することが2つのINPULSIS試験において示されている。われわれは、日本人患者におけるニンテダニブの効果と安全性について調べた。

方法:
 われわれは、事前に規定したINPULSIS試験の日本人サブグループ患者においてFVC年間減少率、初回の急性増悪(AE)までの期間、ベースラインからのSGRQスコアの変化、安全性を調べた。

結果:
 登録患者638人中78人がニンテダニブ群の日本人、423人中50人がプラセボ群の日本人だった。日本人患者における結果は、INPULSIS試験全体と変わらなかった。日本人において、補正FVC年間減少率はニンテダニブ群で-135.9 mL/年、プラセボ群で-267.7 mL/年だった(差131.9mL、 95%信頼区間50.7~213.1 mL/年)。初回AEまでの期間についてもINPULSIS試験と同様(ハザード比0.25、95%信頼区間0.06~1.02)、ベースラインからの52週までのSGRQスコアの変化についても同様だった(差-3.87、95%信頼区間-8.51~0.76)。ニンテダニブ群では、下痢と肝障害がもっともよくみられた副作用イベントであったが、用量減量・中断・対症療法によって可逆性がみられた。

結論:
 この研究により、日本人患者におけるニンテダニブの効果と安全性が示され、またINPULSIS試験全体の結果と同程度であった。


by otowelt | 2017-01-11 00:36 | びまん性肺疾患

<< 重症急性細気管支炎に対するヘリ... 妊婦が魚油を摂取すると出生時の... >>