重症急性細気管支炎に対するヘリオックス吸入療法の有効性

e0156318_13444039.jpg ヘリオックスについては色々調べているので参考になりました。

阿部 世紀ら.
小児重症急性細気管支炎に対するheliox吸入療法パイロットスタディ.
日本集中治療医学会雑誌 Vol. 23 (2016) No. 6 p. 633-640


目的:
 小児の重症急性細気管支炎に対してヘリウム酸素混合ガス(heliox)を吸入させることにより,PICU滞在期間を短縮可能か,heliox吸入療法の安全性とともに前方視的に検討した。

方法:
 2012年11月から2014年12月までに急性細気管支炎の疑いでPICUに入室し,人工呼吸管理を受けた2歳未満の患者に,helioxを投与した(H群)。ヒストリカルコントロールとして,2010年4月から2012年3月までの同様の患者を選択した(C群)。

結果:
 H群は10例,C群11例であった。PICU滞在期間はH群4.7±1.1日,C群8.6±2.8日で,H群が有意に短かった(P<0.005)。同様に気管挿管期間は,H群3.8±1.4日,C群7.6±2.8日で,H群が有意に短かった(P<0.005)。バイタルサイン,血液ガス,血液生化学および血液一般検査に異常変動はなく,有害事象もなかった。

結論:
 Heliox吸入療法は,安全に重症急性細気管支炎患者のPICU滞在期間と気管挿管期間を短縮できる可能性がある。


by otowelt | 2017-01-12 00:55 | 気管支喘息・COPD

<< 強皮症関連間質性肺疾患における... INPULSIS試験サブグルー... >>