肺癌患者の咳嗽治療のCHESTガイドライン

e0156318_11423222.jpg
 CHESTの、細分化された咳嗽ガイドラインの1つです。

Alex Molassiotis, et al.
Symptomatic Treatment of Cough Among Adult Patients With Lung Cancer: CHEST Guidelines and Expert Panel Report
Chest. 2017. doi:10.1016/j.chest.2016.12.028


<推奨サマリー>

1. 癌治療にもかかわらず肺癌による咳嗽が遷延する成人患者では、最初のステップとして、各種ガイドラインに準じて咳嗽の原因になりうる共存疾患を包括的にアセスメントし治療することを推奨する(グレードなし)。

2. 癌治療にもかかわらず肺癌による咳嗽を呈する成人患者では、サービスが利用できるなら、薬物治療の代替または追加として咳嗽抑制のためのエクササイズを推奨する(グレード2C)。

3. 手術、化学療法、放射線照射が適応とならない気管支内に限局した腫瘍により咳嗽を呈する成人患者では、専門家がいる施設では気管支内小線源治療を推奨する(グレード2C)。

4. 咳嗽に対する薬物的アプローチを要する肺癌の成人患者では、初期治療としてブタミラートシロップ、単シロップ、グリセリンベースのシロップといった粘滑剤を用いることを推奨する(Grade 2C)。

5. 咳嗽を呈する肺癌の成人患者で粘滑剤に不応性の場合、薬物的マネジメントとして副作用プロファイルに問題がなければオピオイド(opiate-derivative)を用いることを推奨する(グレード2C)

6. オピオイド抵抗性の咳嗽を呈する肺癌の成人患者では、レボドロプロピジン、モグイステイン、レボクロペラスチン、クロモグリク酸などの末梢鎮咳薬を推奨する(グレード2C)。

7. 末梢鎮咳薬が無効のオピオイド抵抗性の咳嗽を呈する肺癌の成人患者では、ネブライザーリドカイン/ブピバカイン、ベンゾナテートなどの局所麻酔薬をトライすることを推奨する(グレードなし)。

8. 外科手術、化学療法、放射線治療、小線源治療、非薬物的・薬物的アプローチが無効ないし適応とならない難治性咳嗽を呈する肺癌の成人患者では、主治医は以下の薬剤が咳嗽コントロールに利益があるかどうか見定めるべくn-of-1試験を考慮することを推奨する。これらの薬剤は、効果的であると示されているわけでも副作用がないというわけでもない。薬剤:ジアゼパム、ガバペンチン、カルバマゼピン、バクロフェン、アミトリプチリン、サリドマイド(グレードなし)。




▼楽天

by otowelt | 2017-03-03 00:45 | 肺癌・その他腫瘍

<< 塩漬け肉摂取は喘息症状の悪化と関連 急性気道感染症に対するNSAI... >>