ARDSリスクのある患者に対する早期ICS/LABAは酸素化を改善する

e0156318_13444039.jpg ARDSリスクのある患者さんに、シムビコート®を吸ってもらった、ということですね。

Festic, Emir, et al.
Randomized Clinical Trial of a Combination of an Inhaled Corticosteroid and Beta Agonist in Patients at Risk of Developing the Acute Respiratory Distress Syndrome.
Crit Care Med, February 24, 2017


目的:
 ARDS患者における肺傷害に直接作用する呼吸器系薬剤の効果についてはよくわかっていない。吸入ステロイド薬+β刺激薬の早期治療は、ARDS進行を抑制するかもしれない。

方法:
 アメリカにおける5つの教育医療センターでおこなわれた、二重盲検ランダム化比較試験。患者は救急部を通じて入院したARDSリスクのある患者である。エアロゾル化されたブデソニド/ホルモテロールあるいはプラセボを1日2回5日間継続した。
 プライマリアウトカムは、5日時点でのSaO2/FiO2()S/F比)の変化とした。わたわれわれは、20%を超えるS/F比の定性的変化を解析した。他のアウトカムとして、人工呼吸器の必要性、ARDSの発症を含めた。

結果:  
 61人の患者が2013年9月3日から2015年6月9日まで登録された。受診から初回投薬までの時間の中央値は9時間以内だった。コントロール群の多くの患者が登録時ショックを呈していた(14人 vs 3人)。S/F比の上昇は治療群で大きく(p = 0.02)(図)、これはベースラインのショックの存在(p = 0.04)、LIPSスコア(p=0.001)、年齢(p=0.001)とは独立していた。定性的な解析(20%を超える変化)でもS/F比は改善した(p = 0.01)が、これはショックの有無で補正をしていない解析結果である(p = 0.15)。プラセボ群の多くの患者はARDSを発症し(7人 vs 0人)、人工呼吸を要した(53% vs 21%)。
e0156318_12154674.jpg
(文献より引用:S/F比[Figure2])

結論:
 ARDSのリスクがある患者に早期の吸入ブデソニド/ホルモテロールを用いることは、良好なアウトカムをもたらし、酸素化を改善する。



▼楽天

by otowelt | 2017-03-21 00:58 | 集中治療

<< 子癇前症は出生児の喘息・湿疹・... システマティックレビュー:抜管... >>