重症患者におけるバラシクロビルあるいは低用量バルガンシクロビルはサイトメガロウイルス再活性化を抑制

e0156318_17262418.jpg 今のところ、2017年は私にとってサイトメガロウイルスとの闘いの年です。

Nicholas J. Cowley, et al.
Safety and Efficacy of Antiviral Therapy for Prevention of Cytomegalovirus Reactivation in Immunocompetent Critically Ill PatientsA Randomized Clinical Trial
JAMA Intern Med. 2017;177(6):774-783.


背景:
 サイトメガロウイルス(CMV)潜伏感染は成人の半分以上にみられ、ウイルス再活性化(血液などの体液検査からウイルスが測定できるなど)は重症の病態にある患者の3分の1にのぼるとされている。

目的:
 抗ウイルス治療が重症例におけるCMV再活性化に対して、安全・効果的かどうか調べること。

方法:
 単施設オープンラベルランダム化比較試験。2012年1月1日から2014年1月31日までに少なくとも24時間人工呼吸管理を要したCMV血清陽性患者124人を抽出した。平均ベースラインAPACHE IIスコアは17.6だった。
 ウイルス再活性化抑制のため、患者はバラシクロビルによるCMV予防群(34人)あるいは低用量バルガンシクロビルによるCMV予防群(46人)にランダムに割り付けられた。コントロールとして非介入群44人が設定された。
 主要アウトカムは初回の血液検査によるCMV再活性化判定(薬剤開始から28日まで)とした。

結果:
 124人の患者(46人女性、89人男性、平均年齢56.9±16.9歳)のうち、ウイルス再活性化はコントロ-ル群12人、バルガンシクロビル群1人、バラシクロビル群2人にみられた(予防群 vs コントロール群:ハザード比0.14,95%信頼区間0.04-0.50)。この研究は臨床的エンドポイントを解析するためのものではなかったが、バラシクロビル群は高い死亡率のために中止された(34人中14人が28日までに死亡、コントロール群は同中止時点で37人中5人が死亡)。他の安全性エンドポイントに群間差はなかった。

結論:
 重症患者におけるバラシクロビルあるいは低用量バルガンシクロビルは、CMV再活性化を抑制する。しかしながら、高い死亡率のため、大規模臨床試験でその効果と安全性を検証すべきである。


by otowelt | 2017-06-16 00:40 | 感染症全般

<< 胃酸分泌抑制治療は再発性Clo... 自然気胸に対する胸腔鏡手術後の... >>