ACOは喘息ないしCOPD単独よりも肺機能が悪い

e0156318_125953.jpg 結構ACOSのin press論文は多そうです。アクセプト前後でACOに変えたのかな、とか邪推してしまいます。

Ekerljung L, et al.
Prevalence, clinical characteristics and morbidity of the Asthma-COPD overlap in a general population sample.
J Asthma. 2017 Jul 11:0. doi: 10.1080/02770903.2017.1339799. [Epub ahead of print]


目的:
 喘息とCOPDは個々に確立した疾患概念であるが、合併例(ACO)のフェノタイプが存在する。この研究の目的は、ACOの頻度と特徴を調べることである。

方法:
 West Sweden Asthma Studyから、喘息、慢性気管支炎あるいはCOPDが疑われた者を登録した。

結果:
 登録者は以下のようであった。ACO181人、COPD単独89人、喘息単独651人、健常人1036人。ランダムサンプル1172人のうちACOは3.4%で、喘息患者のうち18.1%であった。ACO患者(平均年齢59歳、54%女性)は喘息およびCOPDでみられた患者特徴の間に位置していた。既往喫煙者は、ACO患者の71%、喘息患者の48%、COPD患者の74%にみられた。ACO患者は喘息単独ないしCOPD単独患者より肺機能が悪く、救急外来受診も多かった。

結論:
 ACO患者の肺機能は喘息ないしCOPD単独よりも悪かった。


by otowelt | 2017-07-31 17:13 | 気管支喘息・COPD

<< 気管支サーモプラスティとゾレア... 土壌曝露はM. intrace... >>