札幌のサルコイドーシス寛解率:5年で29.9%

e0156318_11333269.jpg これは、かなり重要なデータですね。眼サルコイドーシスの合併例が結構多いことに驚きました。確かに私の外来にもぶどう膜炎を合併している人は多いです。

Hattori T, et al.
Resolution rate of pulmonary sarcoidosis and its related factors in a Japanese population
Respirology, DOI: 10.1111/resp.13105


背景および目的:
 肺サルコイドーシスが寛解する頻度とそれに関連する因子については、たくさんの過去の研究で報告されている。しかしながら、ほとんどの研究は数十年前に実施された研究で、近年は同様のサーベイは行われていない。この研究の目的は、肺サルコイドーシスの寛解率を調べ、それに関連する因子を同定し、過去の報告と比較することである。

方法:
 この研究では、306人の札幌の肺サルコイドーシス患者が登録された(2000年~2009年)。胸部レントゲン写真が初診時、2年時、5年次で評価された。寛解率は胸部レントゲン写真で判定され、臨床的特徴との関連性が評価された。
e0156318_9304626.jpg
(臨床的特徴)

寛解の判定:
 We defined the ‘resolved group’ as those patients with normalization of abnormal chest radiographs at the 2- or 5-year observation points,

結果:
 寛解率は2年時で17.9%、5年時で29.9%だった。これは過去の報告と比べて低い数値であった。40歳未満の若年層は寛解率が高かった(p<0.05)。肺外のサルコイドーシス病変がない患者は5年時での寛解率が高かった(p<0.05)。性差は観察されなかった(女性:オッズ比0.52、95%信頼区間0.26–1.01、p=0.054)。

結論:
 肺サルコイドーシスの臨床経過は変化しており、寛解しにくくなっている可能性がある。これは、日本が高齢化しつつある集団であるためかもしれない。


by otowelt | 2017-08-03 00:55 | サルコイドーシス

<< COPD増悪時のネーザルハイフ... 吸入ステロイドは高用量・長期間... >>