UIPに発症する肺癌は、下葉・胸膜下に多い

e0156318_8124310.jpg 実臨床で抱いているイメージと同じですが、しっかりデータとしてまとまっています。

Watanabe Y, et al.
A clinicopathological study of surgically resected lung cancer in patients with usual interstitial pneumonia.
Respir Med. 2017 Aug;129:158-163. doi: 10.1016/j.rmed.2017.06.015.


背景:
 UIPに合併した肺癌の臨床病理学的特徴はよく分かっていない。この研究の目的は、UIP患者に発症した肺癌の病理学的特徴を発症部位とともに調べることである。

方法:
 526人の肺葉切除を受けた肺癌患者の547切除検体をレビューした。患者はUIP群、非UIP群(UIP以外の背景病変がある患者)、正常群の3群に分類された。これら3群の組織検体および発症部位を比較した。末梢に局在していた腫瘍を胸膜下・内側・中枢にサブグループ化した。

結果:
 UIP群82人(男性87%、平均年齢71歳、喫煙歴94%)、非UIP群334人(男性80%、平均年齢69歳、喫煙歴81%)、正常群110人(男性30%、平均年齢62歳、喫煙歴29%)が登録された。UIP群と非UIP群の比較では、性別、平均年齢、喫煙歴には統計学的な差はなかった。非UIP群と比べると、UIP群では扁平上皮癌の頻度が高く(63% vs 32%)、下葉に多く(76% vs 32%)、胸膜下に多かった(24% vs 5%)。

結論:
 UIP患者の肺癌は、UIPが始まる下葉・胸膜下に多くみられるという予測ができる。


by otowelt | 2017-08-08 00:13 | 肺癌・その他腫瘍

<< ビデオによる吸入手技トレーニング 呼吸数は正しく測定されていない >>