T-SPOT®.TB強陽性と弱陽性の比較

e0156318_9552565.jpg IGRAは海外とは解釈が異なるので注意が必要です。

小高 倫生ら.
活動性結核の診断におけるT-SPOT®.TBの有用性の検討
Kekkaku Vol.92, No.10 : 575-580, 2017


目的:
 IGRA の検査法の一つであるT-SPOT®.TBが,結核菌培養陽性である活動性結核の診断に有用であることの報告はあるが,T-SPOT®.TB陽性症例をT-SPOT®.TBのスポット数の違いで比較検討することが,結核の日常診療に有効であるかを検討した。

対象と方法:
 2013 年4 月から2015年7 月までに当院呼吸器内科にて,肺結核が否定できない症例でT-SPOT®.TBを施行した中でT-SPOT®.TB陽性であった92例を対象とし,T-SPOT®.TB陽性群をスポット数によりT-SPOT®.TB強陽性群35例と弱陽性群57例に分類した。これらの症例の臨床的な相違をretrospectiveに検討した。スポット数での比較を明瞭化するために,T-SPOT®.TBのパネルA(ESAT-6)もしくはパネルB(CFP-10)の値が50以上のものをT-SPOT®.TB強陽性とし,50未満で8 以上のものをT-SPOT®.TB弱陽性と今回の報告では記載した。スポット数を50で分けた理由としては,スポット数50以上はT-SPOT®.TBが陽性であることが明らかであり,それ以上を測定していないため,50 以上と50 未満とを区別した。

結果:
 T-SPOT®.TB強陽性群35 例のうち結核菌培養陽性は10 例,T-SPOT®.TB弱陽性群57例のうち結核菌培養陽性は7 例であり,T-SPOT®.TB強陽性群はT-SPOT®.TB弱陽性群と比較して,結核菌培養陽性であった症例が有意に多かった(P<0.05)。

結論:
 T-SPOT®.TBのスポット数は活動性結核の補助的診断の一つとして有用な検査であると考えられる。


by otowelt | 2017-12-14 00:28 | 抗酸菌感染症

<< 肺移植後COPD患者は、その後... ビデオ教育をしても閉塞性睡眠時... >>