ICUにおける体重測定は正確か?

e0156318_21563989.jpg 実看護的で興味深く読ませていただきました。

村田洋章ら
ICUにおける体重測定は正確か?
日集中医誌 2017;24:639-40.


概要:
 2013年7月から2014年2月に,スケールベッドで体重測定を行う施設Aと懸架で体重測定を行う施設Bの2施設のICU医師や看護師59名を対象として研究をおこなった。
 調査に同意が得られた対象者は,59名(施設A 29名,施設B 30名)で,男性25名,女性34名であった。スケールベッド・懸架ともに立位に対し相関係数0.99以上の高い相関を示した。スケールベッド・懸架ともに,ライン類装着により測定誤差が平均値で1.0~1.2 kgほど上昇したが,ライン類保持により,ライン類を装着せずに測定したレベルまで低下した。スケールベッドの測定誤差(−0.18±0.23~1.00±0.30)は,すべての測定状況において懸架の測定誤差(0.45±0.45~1.23±0.56)より小さい傾向にあった。
 スケールベッド・懸架による体重測定時に,ライン類を保持しなければ,立位による測定を対照とした体重測定誤差の平均値が1.0 kgを超えたが,ライン類を保持すると測定誤差が減少した。ICUにおける体重測定時に統一された方法でライン類を保持すれば,より正確度の高い体重測定を実施できることが示された。


by otowelt | 2017-12-19 00:57 | 集中治療

<< 書籍の紹介:内科病棟・ER ト... 慢性咳嗽患者ではArnold神... >>