肺結核の既往があるとCOPD重症度は高くなる

e0156318_1633480.jpg 予想通りの結果です。

Park HJ, et al.
History of pulmonary tuberculosis affects the severity and clinical outcomes of COPD.
Respirology. 2018 Jan;23(1):100-106.


背景:
 肺結核とCOPDの関連についてはいくつか指摘があるが、結核がCOPDに与える影響についてはよく分かっていない。われわれは、結核の既往があるCOPD患者と既往がないCOPD患者の重症度や臨床アウトカムを比較した。

方法:
 われわれは後ろ向きに1784人のCOPD患者データを韓国COPDサブタイプ研究コホートから集めた(2011年12月~2017年1月)。患者データは3年追跡した。

結果:
 1784人の解析では、結核の既往がある患者(468人)のほうが既往のない患者(1316人)よりも、CATスコアおよびSGRQスコアが高かった。3年の追跡では、結核既往がある患者ではCATスコア(318人)、SGRQスコア(295人)、肺機能(182人)は悪いままで、COPD増悪の頻度(295人)も高いままだった。結核の既往がある患者では、1秒量が年0.57%減少し、既往のない群では年0.93%改善した。

結論:
 結核の既往はCOPD重症度に悪く影響を与える。小規模な追試では、その後数年間悪影響が続くことが分かった。


by otowelt | 2017-12-26 00:03 | 気管支喘息・COPD

<< 血液ガス分析検査値はNPPVの... 咳嗽・wheezeプロファイル... >>