ICUにおける敗血症・VAPにクラリスロマイシンが有用


e0156318_9265838.jpg


Effect of Clarithromycin in Patients with Sepsis and Ventilator-Associated Pneumonia. Clinical Infectious Diseases 2008; 46:1157–64

Clarithromycin (1g)を1日1回3日間投与するメニュー。

インターロイキン8の産生をクラリスロマイシンが減らすから・・・
という理由が書かれたりしているが。

ともかく、VAPに対するクラリスの投与に関しては有用性があるという報告だが
ガイドラインに影響を与えるほどのインパクトがあるとは思えないが。

by otowelt | 2008-11-24 09:30 | 感染症全般

<< 大腸癌セカンドラインにおけるX... 肺炎球菌菌血症は臨床的アウトカ... >>