EGFR変異と肺腺癌の良好な予後についての具体的な論文

EGFR変異は肺腺癌での良好な予後とゲフィチニブ治療による
サバイバルベネフィットをかなり予測する

e0156318_1356545.jpg


EGFR Mutations Predict Survival Benefit From Gefitinib in Patients With Advanced Lung Adenocarcinoma: A Historical Comparison of Patients Treated Before and After Gefitinib Approval in Japan. Journal of Clinical Oncology, Vol 26, No 34 (December 1), 2008: pp. 5589-5595


INTACT、TRIBUTE studyではEGFR-TKI投与にかかわらず、EGFR変異患者は変異のない患者と比べて長く生存した。
本試験では肺腺癌患者のサバイバルベネフィットにEGFR変異やその他因子がゲフィチニブ治療の予後予測因子となるか、ゲフィチニブ承認前後で比較。

EGFR変異と生存期間延長との間には有意な交互作用がみられ(P=0.045)、
EGFR変異がイレッサの延命効果を予測する因子であった。
背景因子を揃えてハザード比を出した場合、ゲフィチニブ承認前後で
ハザード比0.47(P<0.001)EGFR変異あり、なしでハザード比0.76(P=0.88)だった。

またEGFR変異が、ゲフィチニブ治療と関係なく予後を規定する因子であることも示唆。
ちなみにDELとL858Rの変異を持つ患者の間でOSに差は見られなかった
(MST:15.6 v 12.8M HR:0.86 P=0.58)。

DELとL858Rの間に奏効率の差は見られなかった (29% v 35% P=0.49)。

by otowelt | 2008-11-26 13:58 | 肺癌・その他腫瘍

<< 吸入ステロイドは女性の全死亡率... 腺癌・大細胞癌でCDDP+MT... >>