ドセタキセルとゲフィチニブは既治療進行非小細胞肺癌に対して同等の効果

e0156318_16543629.jpg

Kim ES et al. Gefitinib versus docetaxel in previously treated non-small-cell lung cancer(INTEREST): a randomised phase III trial . Lancet 2008.

Lancetに正式に掲載された、INTEREST試験。

Iressa Non-small cell lung cancer Trial Evaluating REsponse and Survival agaist Taxotere(INTEREST)試験では全生存期間中央値はゲフィチニブ群が7.6ヶ月であったのに対しドセタキセル群は8.9ヶ月、1年生存率はゲフィチニブ群が32%でドセタキセルは34%、ハザード比は1.020(96%信頼区間 0.905-1.150)であり、ドセタキセルとゲフィチニブは既治療進行非小細胞肺癌に対して同等の効果があることが初めて証明された。

by otowelt | 2008-11-30 16:57 | 肺癌・その他腫瘍

<< FOLFIRIにゲフィチニブ併... 大麻は肺癌のリスクを上昇させる >>