FOLFIRIにゲフィチニブ併用意義なし

e0156318_18214215.jpg

A phase II randomized multicenter trial of gefitinib plus FOLFIRI and FOLFIRI alone in patients with metastatic colorectal cancer. Annals of Oncology 19: 1888–1893, 2008

イレッサにはCPT-11の細胞毒性を高める作用があるのではないかといわれている。
というわけで、FOLFIRIにイレッサ250mg/日を加えるとどうなるか・・・という論文。

結果として、FOLFIRI単独治療の成績を改善することはなかった。
よって、イレッサを併用する意味はないと結論づけられる。

平均PFSとOSは、それぞれ
FOLFIRIで8.3ヶ月、18.6ヶ月、イレッサ併用群で8.3ヶ月、17.1ヶ月。
副作用にも差はなかった。

・・・・・肺腺癌に対してCBDCA+CPT-11+ゲフィチニブとかどうだろうか?
・・・・でも、なんか気分的に間質性肺炎がコワイ。

by otowelt | 2008-11-30 18:22 | 肺癌・その他腫瘍

<< 非薬物療法で心不全患者の臨床予... ドセタキセルとゲフィチニブは既... >>