喫煙者は感染しやすい

e0156318_12384754.jpg

Xu et al. BMC Cell Biology 2008 9:19

たばこで感染症が増えるのはなぜなのかよくわかっていなかった。
たばこは好中球を増加させるが、かといって好中球が活躍するワケではない。

ニコチン摂取が直接的に好中球を増加させることはない。
ただ好中球の殺菌機能は低下させるということが研究でわかった。
そのため、好中球は反応性に増加するのかもしれない。

また、ニコチンはMMP-9(マトリックスメタロプロテアーゼ)の分泌促進をうながす。
MMP-9、代謝や血管新生にかかわっている酵素であるが
MMP-9は転移性腫瘍が発生しやすくなるといった副作用がある。


つまりは、たばこはガンにもなりやすいし、感染しやすいし
いいことナシだということです。

by otowelt | 2009-01-07 12:40 | 感染症全般

<< LAAの比率とFFMIは反比例する ICU患者の消化管・中咽頭の除菌 >>