LAAの比率とFFMIは反比例する


e0156318_14275475.jpg

Inter Med 48: 41-48, 2009)

COPDにおいて、筋肉量の減少というのは予後に相関することが知られているが、
まだはっきりとしたデータは存在しない。
この論文は112人の安定したCOPD患者で、
fat mass indexおよびfat free mass indexを考察したもの。

なんでこんな研究がなされたかというと、
最近はBMIよりもFFMI(fat free mass index)がはやっているからである。
BMIはCOPDの病期分類上の有意な影響を与えないとされるが、
FFMIはstageゼロで有意な影響を与える。
Chest. 2007; 132:164-169


結局予後まではわからないが、
LAAの比率は、FFMIあるいはFMIと反比例するだろうという結果が得られた。

つまりは、COPDにヤセはよくないということ。

by otowelt | 2009-01-07 14:35 | びまん性肺疾患

<< ICUの全死亡率に対するMRS... 喫煙者は感染しやすい >>