air trappingは喘息重症度と相関

Ashley Busacker, et al. A Multivariate Analysis of Risk Factors for the Air-Trapping Asthmatic Phenotype as Measured by Quantitative CT Analysis. Chest  2009 ;135:48-56

背景:
 重症喘息患者はair trappingがしばしば観察される。しかしながら、
 これをCTで撮影したことによる論文というのは今までない。
 この論文では2つの仮説をもとに検証している。すなわち、
 (1) air trapping measured by multidetector CT (MDCT)
  quantitative methodology would be a predictor of a more
  severe asthma phenotype; and
 (2) historical, clinical, allergic, or inflammatory risk factors
  could be identified via multivariate analysis.

方法:
 MDCTをつかっておこなわれた。
 Air trappingの定義:-850HUを下回り、かつ肺組織の9.66%以上
 (これって面積のこと??)
 喘息の重症度との関連性をリサーチ。

結果:
 air trappingの存在は、asthma-related hospitalizations, ICU visits,
 and/or mechanical ventilationと相関した。
 喘息発作の期間(OR, 1.42; 95%CI, 1.08 to 1.87)
 肺炎のエピソード(OR, 8.55; 95% CI, 2.07 to 35.26)
 気道好中球高値(OR, 8.67; 95% CI, 2.05 to 36.57)
 気道閉塞性(FEV1/FVC) (OR, 1.61; 95% CI, 1.21 to 2.14)
 アトピー(OR, 11.54; 95% CI, 1.97 to 67.70)
 
結論
 CTにおけるair trappingは喘息の重症度と相関する。

by otowelt | 2009-02-17 09:42 | 気管支喘息・COPD

<< MTX投与中のカリニ予防はST... なぜアバスチンが非小細胞肺癌へ... >>