MTX投与中のカリニ予防はST合剤で大丈夫


呼吸器内科では膠原病肺を扱うため、
リウマトレックスを飲んでいる患者さんも多い。
そんな患者さんはまぁ、ステロイドを内服していることもあるわけだが
そういったとき、カリニ肺炎予防が問題となる。
バクタ連日でいいのか・・・・・ベナンバックス・・・・うーむ。

確かに、メソトレキセート投与中にST合剤を投与することは
葉酸代謝経路の観点から望ましくないとされている。
理由は、以下の通りである。
1.トリメトプリムの葉酸代謝拮抗作用が加わるため
2.MTXのクリアランスがスルファメトキサゾールによって下がる
3.MTXの血清中の蛋白結合率を変える
Thomas MH, Gutterman LA: Methotrexate toxicity in a patient receiving trimethoprim-sulfamethoxazole. J Rheumatol 1986; 13:440

しかし膠原病権威であるCarol A. Langford, MDはMTX投与下の
Wegener肉芽腫患者で、ニューモシスティス肺炎予防目的のST合剤は
安全に投与できていると記載している
The Rheumatologist Oct 2008

最近のトップジャーナルでも同様の意見だ。
NEJM June 10、2487-3498, 2004

by otowelt | 2009-02-17 10:51 | びまん性肺疾患

<< 抗癌剤が血管外に漏出した場合 air trappingは喘息... >>