ICU敗血症において、ピペラシリンのボーラス投与の方が持続点滴より血清濃度が高い

Critical Care Medicine:Volume 37(3)March 2009pp 926-933
Piperacillin penetration into tissue of critically ill patients with sepsis-Bolus versus continuous administration?


今週のCrit Care Med。
敗血症におけるピペラシリンの投与について、
ボーラス点滴がいいのか持続点滴がいいのかという論文。

目的:
 敗血症におけるピペラシリン投与では、days1、2にボーラスで
 投与することがあり、これが他の投与法より有用であるかどうかはわかっていない。
 Prospective randomized controlled trialで考察。

患者:
 918床ある病院のICU(18床)でおこなわれた。
 13人の患者がピペラシリン/タゾバクタムによる治療が妥当と思われた。
 このデータについて考察。

介入:
 ピペラシリン/タゾバクタムは、持続点滴が6人、ボーラスが7人。
 血清濃度は、day1とday2に測定された。

結果:
 平均ピペラシリン血清濃度(day1, day2)は、ボーラス群で有意に高かった。
 (8.9 vs. 4.9 mg/L; p = 0.078)(16.6 vs. 4.9 mg/L; p = 0.007)
 組織濃度は、day1,day2も特に大きな違いはみられなかった。
 (infusion group 2.4 mg/L vs. bolus group 2.2 mg/L; p = 0.48)
 (infusion group 5.2 mg/L vs. bolus group 0.8 mg/L; p = 0.45)

結果:
 ボーラス点滴のピペラシリンの方が血清濃度が高い。(組織濃度は差がない)


結局MICによるわけだが・・・・

ゾシンのホームページ(http://medical.taishotoyama.co.jp/zosyn/index.html)
4.5g1日3回が実現できたのは大きいかもしれない。重症なら1日4回。
PIPCで12gなので、治療する側としても嬉しいところである。

by otowelt | 2009-02-24 14:10 | 集中治療

<< COPDのincidence ... 敗血症性多臓器不全に持続的静脈... >>