経口ステロイドに抗菌薬を併用すると、COPD急性増悪の発症と死亡率を軽減する


ERJには登録していないためアブストラクトしか読めないので
何の抗菌薬を使ったのかわからない・・・・
そしてどのくらいの期間抗菌薬を使ったのかも。

Reduced risk of next exacerbation and mortality associated with antibiotic use in COPD
Eur Respir J 2009 33: 282-288


デザイン:
 経口ステロイドあるいは、経口ステロイド・抗菌薬による治療後の
 COPD急性増悪のリスクについて評価したコホート研究。

方法:
 50歳以上のCOPD患者を登録。
 少なくとも1回以上の急性増悪を経験しており、経口ステロイドあるいは
 経口ステロイド・抗菌薬を投与されていることが条件。
 2回目あるいは3回目の増悪について評価した。

結果:
 842人が1回以上の急性増悪を経験している。
 1回目の増悪から2回目の増悪までの期間は、
 ステロイド群、ステロイド・抗菌薬群で差はみられなかった。
 しかしながら、2回目から3回目の増悪期間は、
 ステロイド群189日 VS ステロイド・抗菌薬群258日であった。
 ステロイドと抗菌薬の併用による保護的な効果は、
 最初の3か月と考えられる。(HR0.72, 95%CI 0.62–0.83)
 死亡率はステロイド・抗菌薬併用群で有意に低かった。

結論:
 経口ステロイドに抗菌薬を加えることで、COPD急性増悪の頻度を
 減らすことができる。これにより死亡率も減少する。

by otowelt | 2009-02-25 18:16 | 気管支喘息・COPD

<< Wernicke脳症1 びまん性浸潤型皮膚サルコイドー... >>