胃MALTリンパ腫の治療


日本胃癌学会より2009年2月に発表された、胃悪性リンパ腫の手引き。
ガイドラインと銘打っていないことがミソである。
国立がんセンターでは、胃原発限局期MALTリンパで除菌治療を行った
132人の治療成績を報告し、追跡期間中央値84カ月で5年生存率は98%に上った。
胃MALTリンパ腫における除菌治療の奏効率は高いが、
11番染色体と18番染色体の転座によるAPI2-MALT1の遺伝子異常(融合遺伝子)
が認められる場合は、除菌治療に反応しないとされている。
いつこのAPI2-MALT1を検査するのかというコンセンサスはない。

個人的にMALTリンパ腫に興味があったので、読んでみた。


●MALTリンパ腫の治療
1.除菌
 MALTリンパ腫において除菌対象となるのは、限局期症例。
 (Lugano分類のI期およびII1期)
 限局期MALTリンパ腫においては、現在はH,pyrori除菌療法が、
 第一選択として標準的治療である。除菌療法による奏功率は、
 わが国では70-80%前後である。しかし、除菌療法後
 MALTリンパ腫が消失するまでの期間は2-3ヶ月から数年と差があり
 内視鏡検査の間隔、除菌療法後に残存する場合の
 サルベージ治療のコンセンサスは得られていない。

2.除菌抵抗例
 現時点において、除菌抵抗症例の2次治療の標準治療は存在しない。
 限局期では、放射線治療もしくは手術療法、ステージ進行期なら
 化学療法を選択する。
 放射線治療は、限局期なら、限局期低悪性度悪性リンパ腫と同様に
 30Gyの放射線治療をおこなうことが多い。
 手術療法は、胃癌と同様な定型的手術を施行する。
 化学療法は、stageII2以上の胃MALTリンパ腫には、CHOPなどを
 中心とした全身化学療法を試行していたが、B細胞悪性リンパ腫に対する
 治療に準じリツキシマブを中心とした治療が行われる。

 除菌抵抗症例については、わが国においては、肉眼的に改善を認めても
 組織学的に遺残を認めた場合に、治療が追加される(2008年NCCN)。
 しかし増悪を認めない症例も存在し、そのような場合は診断の見直しを
 含めた検討のうえでの慎重な経過観察が可能である

by otowelt | 2009-03-15 17:31 | 肺癌・その他腫瘍

<< 造血器悪性疾患患者に対する侵襲... CDDP+GEM+アバスチンは... >>