ニューモシスティス肺炎 (カリニ肺炎) その3


●ニューモシスティス肺炎の治療
★第一選択:
・ST合剤(バクタ)5mg/kg/day(トリメトプリム換算)
              1日3回 バクタ12錠分3 21日間
 ※バクタ1錠480mg:スルファメトキサゾール400mg+トリメトプリム80mg
・ST合剤(バクトラミン)5mg/kg/day(トリメトプリム換算)
              1日3回 バクタ12A分3 21日間
 ※バクトラミンは1Aあたり75~125mlの輸液が必要(合計900~1500ml)

※PO2<70mmHg or A-a gradient >35mmHg のとき、
 プレドニン40mg1日2回 5日間
  →プレドニン40mg1日1回5日間
    →プレドニン20mg1日1回 11日間


PaO2≦70Torr、AaDO2≧35mmHg、進行が速いケースでは
中等症以上と診断し、ステロイドをPCP治療開始後24-74時間以内に使用。
肺感染症や肺Kaposi肉腫があれば使用しない。
The National Institutes of Health-University of California Expert Panel for Corticosteroids as Adjunctive Therapy for Pneumocystis Pneumonia. N Engl J Med 1990; 323:1500

ステロイド使用は・・・・・・・
・死亡率を下げる
・呼吸不全の頻度を低下させる
Adjunctive corticosteroids for Pneumocystis jiroveci pneumonia in patients with HIV-infection Cochrane Database Syst Rev. 2006 Jul 19;3:CD006150


★その他の選択肢:
・ペンタミジン(ベナンバックス)3~4 mg/kg/日
     250mlに溶解して1日1回2時間以上でDIV 21日間
・ペンタミジン(ベナンバックス)600mg/日を注射用蒸留水6~20mlに溶解し
 超音波ネブライザーを用いて30分以上かけて吸入(何度か体位変換を行う必要あり)
 ※吸入前に気管支拡張薬を吸入した方がよい

・トリメトプリム 5mg/kg/日1日3回(バクタ12錠分3)
+ ダプソン(レクチゾール)100mg/日 21日間
・クリンダマイシン600mg IV 8時間ごと or 300-400mg PO 6時間ごと
+プリマキン15-30 mg/day 21日間
・Atovaquone (メプロン)750 mg PO 1日2回 21日間


●治療副作用
e0156318_121353.jpg

・予防投与ではST合剤は100%予防できるが、
 ペンタミジンは5-10%/年で予防不可能
・ST 合剤中止の原因となる発熱、発疹の過敏反応では、
 その発現時期が決まっている。
 過敏反応は投与後8~13日までの第2週に起こるのが普通

●ニューモシスティス肺炎予防レジメン
予防レジメン:
・バクタ1錠 連日投与  あるいは 2錠分1隔日投与
・ペンタミジン(ベナンバックス)吸入 300mg/1回 を月に1回
・atovaquone 1500mg分1 食後内服

文責 "倉原優"

by otowelt | 2009-03-18 12:01 | レクチャー

<< ピロリ除菌および化学療法抵抗性... ニューモシスティス肺炎 (カリ... >>