若年者における過体重は喫煙者の死亡リスクを上昇させる


Combined effects of overweight and smoking in late adolescence on subsequent mortality: nationwide cohort study. BMJ 2009;338:b496


目的:
 若年者における過体重が喫煙における死亡率にどう寄与するかを調べる。

方法:
 45920人のスウェーデン人(平均年齢18.7歳)を38年間追跡した。
 BMIを(underweight (BMI <18.5), normal weight (18.5-24.9),
 overweight (25-29.9), and obesity (30))に分けた。
 これと筋力、自己申告喫煙量(non-smoker, light smoker (1-10 cigarettes/day)、
 heavy smoker (>10/day))をもとに全死亡率を解析。

結果:
 正常体重と比べると、overweight、obeseで死亡率が高い傾向にあった。
 (HR1.33, 1.15 to 1.53; incidence rate 23, 20 to 26)
 (HR2.14, 1.61 to 2.85; incidence rate 38, 27 to 48)
 underweightでは死亡率に差はみられなかった
 (HR 0.97, 0.86 to 1.08; incidence rate 18, 16 to 19)
 extreme underweight (BMI <17)では当然ながら死亡率は上昇した。
  (HR 1.33, 1.07 to 1.64; incidence rate 24, 19 to 29)
 非喫煙者と比べると、少しでも喫煙をしている人ではリスク上昇あり。
 light (HR 1.54, 1.41 to 1.70; incidence rate 15, 14 to 16)
 heavy smokers (HR 2.11, 1.92 to 2.31; incidence rate 26, 24 to 27)

結論:
 喫煙量に関わらず、過体重や肥満のある若年者では
 死亡率が上昇した。喫煙をしているとさらにリスクは上昇する。
 しかしながら、BMIと喫煙そのものには相関はみられなかった。
 

by otowelt | 2009-03-20 17:19 | 内科一般

<< Stage IIIB/IV N... NSCLCセカンドラインにおけ... >>