naftidrofurylは間欠性跛行の歩行を改善する


間欠性跛行とは、一定距離を歩行後に下肢に疼痛を感じ、
休むことにより痛みが軽減することである。
医学生の頃、閉塞性動脈硬化症 (ASO)、Burger病(TAO)、
腰部脊柱管狭窄などが鑑別疾患として挙がっていたものだ。

NSAIDsなんかではなかなかよくならないことが多いので
疼痛管理の面では非常にやっかいになることもしばしばある。

naftidrofuryl(パラクシレン錠)の有効性についてのメタアナリシスが
BMJから出ていた。

Naftidrofuryl for intermittent claudication: meta-analysis based on individual patient data. BMJ 2009;338:b603

目的および方法: 
 naftidrofuryl(パラクシレン錠)とプラセボを比べて、
 間欠性跛行のメタアナリシスを行った。
 Double blind, randomised controlled試験で、
 痛みなしで歩ける距離を測定したものである。
 治療成功の定義は、最低でも50%以上の歩行改善とする。

結果:
 1266人の患者をランダム化。
 naftidrofurylのプラセボと比べた歩行改善は
 距離として1.37倍 (95% CI 1.27 to 1.49)であった。
 奏効率はの違いは22.3% (95% CI 17.1% to 27.6%)で
 6ヶ月間の症状軽快のNNTは4.48 (95% CI 3.62 to 5.85)。
e0156318_21224958.jpg

結論:
 このメタアナリシスの結論として、プラセボに比べてnaftidrofurylは
 間欠性跛行に対して臨床的に意味のある歩行改善を示す。

by otowelt | 2009-03-22 02:28 | 内科一般

<< PS不良NSCLC/EGFR+... 21日サイクルのCPT-11/... >>