オタワ膝関節ルールは小児にも有用

e0156318_9555836.jpg
救命センターで当直していた頃、
足関節のレントゲン撮影はオタワルールでおこなえと教わった。
しかし実際やっている人は、そんなにいない。






●オタワ膝関節ルール
--------------------------------------------------------------------------------
以下のいずれかがあれば膝正面・側面・膝蓋骨軸写を撮影
--------------------------------------------------------------------------------
1.55歳以上
2.膝蓋骨圧痛のみ
3.90度以上曲げられない。
4.外側骨頭に圧痛
5.4歩以上歩けない。
--------------------------------------------------------------------------------


●オタワ足関節ルール
--------------------------------------------------------------------------------
1.外果(腓骨)先端より6cmまでの後方(上方)に圧痛あり
2.内果(脛骨)先端より6cmまでの後方(上方)に圧痛あり
3.第5中足骨基部に圧痛あり
4.舟状骨に圧痛あり
5.受傷直後および来院時に4歩以上歩けない
--------------------------------------------------------------------------------
1.2.のいずれかがあれば足関節のX線2方向(正面・側面)オーダー
3.4.のいずれかがあれば足のX線2方向(正面・斜位)オーダー
5.があれば足関節と足のX線を2方向ずつオーダー
--------------------------------------------------------------------------------
48時間以内であれば感度99.6%



今週のEMJより、The Ottawa knee rule (OKR)についての論文。
小児に適応できるかどうかを検討したもの。

背景:
 OKRは不要なレントゲン撮影を減らすツールとなりうる。
 しかしながら、小児にこれが適応できるかどうかはわかっていない。

目的:
 OKRがよりよい感度と特異度をもっているかを検討するため。

方法:
 過去の英語文献より検討。
 Medline (1950 to date)
 EMBASE (1974 to date)
 CINAHL (1982 to date)
 the Cochrane Library
 Google Scholar (←これも入るんだ(笑))
 小児に対してOKRを使用検討した症例をピックアップ。

結果:
 4つの信頼できるスタディがピックアップされた。
 3つはメタアナリシスで、1130人の小児を含む。ただし、5歳以上。
 陰性尤度比は0.07 (95% CI 0.02 to 0.29)で、
 陽性尤度比は1.94 (95% CI 1.60 to 2.36)、
 感度99% (CI 94.4 to 99.8)、特異度46% (CI 43.0 to 49.1)。
 レントゲン撮影を減らすことができたのは、30~40%にのぼった。

結論:
 OKRは高い感度と適度な特異度でもって5歳以上の小児に適応される。
 しかしながら、5歳以下には有用でない。

by otowelt | 2009-03-29 06:34 | 救急

<< Mycobacterium x... 抗癌剤による味覚障害の治療 >>