2017年 03月 16日 ( 1 )

EGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺癌は免疫チェックポイント阻害薬が効きにくい?

e0156318_12291546.jpg Lee CK, et al.
Checkpoint Inhibitors in Metastatic EGFR-Mutated Non-Small Cell Lung Cancer-A Meta-Analysis.
J Thorac Oncol. 2017 Feb;12(2):403-407. doi: 10.1016/j.jtho.2016.10.007. Epub 2016 Oct 17.


背景:
 EGFR遺伝子変異のある進行非小細胞肺癌(NSCLC)の二次治療として免疫チェックポイント阻害薬を用いる役割を調べるため、メタアナリシスを実施した。

方法:
 化学療法と免疫チェックポイント阻害薬の効果を比較したランダム化比較試験を同定した。ITT集団およびEGFR陽性集団の全生存期間(OS)のハザード比および95%信頼区間を算出。固定効果モデルを用いて、治療効果を類推した。

結果:
 3つの臨床試験が組み込まれた(ニボルマブ292人[Checkmate 057試験]、ペムブロリズマブ691人[Keynote 010試験]、アテゾリズマブ144人[POPLAR試験])。比較レジメンはドセタキセル(776人)。
 免疫チェックポイント阻害薬は有意にOSをドセタキセルよりも改善した(1903人, ハザード比0.68, 95%信頼区間0.61-0.77, p < 0.0001)。EGFR野生型では有意な改善だったが(1362人, ハザード比0.66, 95%信頼区間0.58-0.76, p < 0.0001)、EGFR陽性群(186人、ハザード比1.05, 95%信頼区間0.70-1.55, p < 0.81; 治療-遺伝子変異interaction p = 0.03)。

結論:
 EGFR遺伝子変異陽性進行NSCLCにおいて、免疫チェックポイント阻害薬はドセタキセルと比較したOSを改善しなかった。



▼楽天

by otowelt | 2017-03-16 00:21 | 肺癌・その他腫瘍