2017年 06月 29日 ( 1 )

内科的胸腔鏡の前にセファゾリンを投与しても感染症は減らず

e0156318_16292292.jpg 一般的な胸腔ドレーンと処置自体は大きく変わらないですが、参考になるデータですね。各々の医師のテクニカルな部分が影響している可能性も否定できませんが。

Dhooria S, et al.
A Randomized Trial of Antimicrobial Prophylaxis in Patients Undergoing Medical Thoracoscopy (APT).
Respiration. 2017 Jun 17. doi: 10.1159/000477259. [Epub ahead of print]


背景:
 内科的胸腔鏡を受ける患者に対する予防的抗菌薬の役割についてはデータがない。

目的:
 この研究では、われわれは内科的胸腔鏡を受ける患者に対して点滴セファゾリン治療を単回投与する効果と安全性を評価した。

方法:
 内科的胸腔鏡を受ける患者が1:1にランダムにセファゾリン2g点滴(抗菌薬群)あるいは生食点滴(コントロール群)に割り付けられた。プライマリアウトカムは、感染症(SSIおよび膿胸)の発生とし、セカンダリアウトカムは抗菌薬に関連した合併症とした。

結果:
 121人がスクリーニングされ、100人(平均年齢52.2±15.2歳、38人[38%]が女性)がランダム化された。処置後感染症は抗菌薬群およびコントロール群で差はみられなかった(4人[8%] vs 6人[12%]、p=0.28)。SSIは抗菌薬群の1人(2%)および3人(6%)にみられた(p=0.62)。また、膿胸はそれぞれ3人ずつ(6%)にみられた(p=1.00)。年齢、基礎疾患(糖尿病あるいはCKD)、研究群割り付け、使用した胸腔鏡のタイプ、処置時間、組織診断(良性あるいは悪性)、処置後の感染症発生のあいだに関連性はみられなかった。

結論:
 内科的胸腔鏡の前にセファゾリンを単回投与しても、処置後の感染症の発生の減少とは関連しなかった。


by otowelt | 2017-06-29 00:26 | 呼吸器その他