2017年 06月 30日 ( 1 )

高齢者と若年者のCOPD患者に対するインダカテロールの効果と安全性

e0156318_135223100.jpg LABA単独を用いることは個人的には多くありませんが。

Girodet PO, et al.
Efficacy and safety of indacaterol in patients with chronic obstructive pulmonary disease aged over 65 years: A pooled analysis.
Respir Med. 2017 Jul;128:92-101.

背景:
 COPDは加齢とともに増えていくが、高齢者に対する特異的な治療アプローチは一定していない。

目的:
 高齢COPD患者に対する1日1回のインダカテロール150μgおよび300μgの効果と安全性を調べること。

方法:
 データは11のランダム化プラセボ対照比較試験のものを用いた(COPD患者8445人)。集団は年齢によって層別化した(若年者:40~65歳[52.3%]、高齢者:65~75歳[36.4%]、超高齢者:75歳以上[11.4%])。効果アウトカムはトラフ1秒量の改善、TDI、SGRQスコアとした。安全性アウトカムは12週時点で評価した。

結果:
 12週時点で、平均トラフ1秒量改善はインダカテロール150μg群はプラセボと比較して高齢者で150mL、超高齢者で160mL、若年者で170mL改善した(p<0.001)。同様の1秒量回復はインダカテロール300μg群でも観察された(p<0.001)。インダカテロールによるこのトラフ1秒量改善は、ホルモテロール、サルメテロール、チオトロピウムのそれよりも有意に大きかった(p < 0.01)。TDIとSGRQスコアについてもインダカテロール群ではプラセボ群よりも有意に良好で(p<0.001)、チオトロプウムのそれよりも有意に高かった(p<0.001)。有害事象についてはインダカテロール群とプラセボ群は同等であった。

結論:
 このプール解析では、インダカテロールによるCOPD治療は高齢者と若年者で同等の効果と安全性を有していた。


by otowelt | 2017-06-30 00:42 | 気管支喘息・COPD