2017年 12月 11日 ( 1 )

IPF患者は気胸を発症しやすく、それは予後不良につながる

e0156318_14441648.jpg 浜松医科大学からの報告です。

Nishimoto K, et al.
The prognostic significance of pneumothorax in patients with idiopathic pulmonary fibrosis.
Respirology. 2017 Nov 12. doi: 10.1111/resp.13219. [Epub ahead of print]


背景:
 気胸はIPF患者に合併しやすいが、その頻度・リスク因子・予後的意義はいまだよく分かっていない。この研究の目的は、IPF患者における気胸の頻度・予後的意義を明らかにし、その発症のリスク因子を調べることである。

方法:
 ガイドラインに基づいてIPFと診断された84人の連続患者が登録された。われわれはその診療録を後ろ向きにレビューし、肺機能検査・胸部HRCT所見・気胸の頻度を調べた。気胸の予後的意義は時間依存性共変量のCox比例ハザードモデルを用いて解析された。気胸の累積発症率についても調べた。

結果:
 84人の患者のうち、17人(20.2%)が気胸を発症していた。累積発症率は1年で8.5%、2年で12.5%、3年で17.7%だった。単変量解析では、気胸は有意に予後不良と関連していた(ハザード比2.99; P = 0.002)。性別・年齢・%努力性肺活量で調整した多変量解析では、気胸はIPFアウトカムを不良にする独立予測因子だった(ハザード比2.85; P = 0.006)。低BMIおよび広範囲の網状影の存在は気胸の発症に有意に関連していた。

結論:
 経過中にIPF患者はしばしば気胸を発症し、それは予後不良につながる。


by otowelt | 2017-12-11 00:48 | びまん性肺疾患