カテゴリ:気管支喘息・COPD( 443 )

職業上の殺虫剤・除草剤の曝露はCOPDのリスク

e0156318_1633480.jpg 喫煙以外のリスク因子については、国によって流行りがあるようです。ヨーロッパではディーゼルエンジン、ラドンなど。

Alif SM, et al.
Occupational exposure to pesticides are associated with fixed airflow obstruction in middle-age.
Thorax. 2017 Nov;72(11):990-997.


背景:
 集団ベースの研究では、職業上の曝露とCOPDに関連性があることが示されている。しかし、これらの研究は気管支拡張薬前スパイロメトリーを用いた限定的な研究である。職業上の曝露はCOPDのリスク因子を修飾するため、気管支拡張後のデータを用いて検討することは重要である。

目的:
 気管支拡張後スパイロメトリーを用いて、職業上の曝露と不可逆性気道閉塞について検討すること。

方法:
 2002年から2008年までに、Tasmanian Longitudinal Health Study (TAHS)に1335人の被験者が組み込まれた。スパイロメトリーが実施され、労働生活カレンダーを用いて職業歴を収集した。職業曝露カテゴリー割当のためALOHA plus Job Exposure Matrix(職務-曝露マトリックス)を用いた。累積曝露単位(EU)-年の観点からも相対リスクを算出した。不可逆性気道閉塞は、1秒率70%未満および同LLN未満とした。

結果:
 職業上のbiological dustの曝露(相対リスク1.58、95%信頼区間1.01-2.48)、殺虫剤の曝露(相対リスク1.74、95%信頼区間1.00-3.07)、除草剤の曝露(相対リスク2.09、95%信頼区間1.19-3.70)は不可逆性気道閉塞と関連していた。累積EU-年の観点では、殺虫剤(相対リスク1.11、95%信頼区間1.00-1.25)除草剤(相対リスク1.15、95%信頼区間1.00-1.32)が不可逆性気道閉塞と関連していた。加えて、殺虫剤曝露は慢性気管支炎および気流閉塞症状と一致した関連がみられた。鉱物、ガス/フューム、蒸気、ガス、ダストあるいはフュームの過去の曝露カテゴリーにおいては、喘息コンポーネントのない人の不可逆性気道閉塞にのみ関連していた。

結論:
 殺虫剤および除草剤の職業上曝露は、不可逆性気道閉塞や慢性気管支炎と関連していた。biological dustの曝露は喘息コンポーネントのない被験者の不可逆性気道閉塞と関連していた。職業上の曝露を最小化することは、COPDの公衆衛生に役立つかもしれない。


by otowelt | 2017-11-15 00:57 | 気管支喘息・COPD

IMPACT試験:COPDに対するトリプル吸入療法

 ホカホカのプレスリリースではないのですが、ブログにも貼り付けておきます。


<メモ:GSKより、IMPACT試験のプレスリリース>

 米国では、Trelegy Ellipta(フルチカゾンフランカルボン酸エステル/ウメクリジニウム臭化物/ビランテロールトリフェニル酢酸塩、FF/UMEC/VI)は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)において、レルベアエリプタ(FF/VI)に気管支拡張薬の追加投与を必要とする患者、またはレルベアおよびエンクラッセ(ウメクリジニウム臭化物、UMEC)を投与中である患者に対する1日1回投与の長期維持療法薬として承認されています。

 10,355例が参加したIMPACT試験では、1日1回投与の2成分配合COPD治療薬として既に承認を受けているGSKの2製品と比較した場合に、以下の通りFF/UMEC/VI(100/62.5/25μg)投与群において、主要評価項目である中等度/重度の年間増悪頻度で統計学的に有意な低下が示されました。

・FF/UMEC/VIをレルベアエリプタ(FF/VI, 100/25μg)と比較した場合、15%の低下がみられました;年間で0.91回に対し1.07回;p<0.001(負の二項回帰モデル)
・FF/UMEC/VIをアノーロエリプタ(UMEC/VI, 62.5/25μg)と比較した場合、25%の低下がみられました;年間で0.91回に対し1.21回;p<0.001(負の二項回帰モデル)

 さらに、事前に定めた主な副次評価項目および関連する治療群間比較全体にわたり、以下の通り統計学的に有意な改善を認めました。

・FF/UMEC/VIとFF/VIのトラフFEV1のベースラインからの変化量(52週時)の差は97mLでした;p<0.001。また、FF/UMEC/VIとUMEC/VIの差は54mLとなりました;p<0.001。(反復測定混合モデル)
・FF/UMEC/VIとFF/VIのSGRQスコアのベースラインからの変化量(52週時)の差は-1.8 unitsでした;p<0.001。また、FF/UMEC/VIとUMEC/VIの差は-1.8 unitsでした;p<0.001。(反復測定混合モデル)
・中等度/重度のCOPD増悪の初回発現までの期間の分析では、FF/VIと比較した場合、FF/UMEC/VIでは14.8%リスクが低下したことが示されました;p<0.001。また、UMEC/VIと比較した場合、FF/UMEC/VIでは16%リスクが低下したことが示されました;p<0.001。(Cox比例ハザードモデル)

 IMPACT試験の主要な結果におけるFF/UMEC/VIの安全性プロファイルは、各配合成分及びそれらの2成分配合剤でこれまでに確認されているものと一致していました。治療群全体で最もよくみられた有害事象は、ウイルス性上気道感染症、COPD増悪、上気道感染症、肺炎、および頭痛でした。最も発現頻度の高い重篤な有害事象は、COPD増悪FF/UMEC/VI、FF/VI、UMEC/VIでそれぞれ、11%、11%および13%;肺炎 FF/UMEC/VI、FF/VI、UMEC/VIでそれぞれ、4%、4%および3%でした。


by otowelt | 2017-11-06 00:46 | 気管支喘息・COPD

COPDに対するICSは喀痰中細菌量を増加させる

e0156318_14441648.jpg 現行ガイドラインを支持する内容です。

Contoli M, et al.
Long-term effects of inhaled corticosteroids on sputum bacterial and viral loads in COPD.
Eur Respir J. 2017 Oct 5;50(4). pii: 1700451. doi: 10.1183/13993003.00451-2017.


背景:
 吸入ステロイド薬(ICS)含有レジメンはCOPD増悪の頻度を減らすことが示されているが、一方で感染症のリスクを増加させることが報告されている。研究の目的は、ICSがCOPD患者の気道細菌叢と炎症性プロファイルに与える影響を調べることである。これは概念実証(POC)前向きランダム化オープンラベル試験である。

方法:
 安定期中等症COPD患者60人を1日2回のサルメテロール50μg+フルチカゾンプロピオン酸エステル500μgあるいはサルメテロール50μgのいずれかに割り付けた(12ヶ月間)。プライマリアウトカムは、治療中の喀痰細菌量とした。

結果:
 サルメテロールと比較して、1年間のサルメテロール+フルチカゾンは有意な喀痰中細菌量の上昇と関連し(p=0.005)、潜在的に病原性のある微生物を増加させた。細菌量の増加は、喀痰あるいは血中好酸球のベースラインが低いICS治療群のみに観察されたが、ベースラインの好酸球が高い群には観察されなかった。

結論:
 安定期COPD患者に対する長期ICS治療は、喀痰中細菌量に影響を与える。喀痰あるいは血中好酸球が低い患者では細菌量が増える。


by otowelt | 2017-10-23 00:17 | 気管支喘息・COPD

TRANSFORM試験:heterogeneous emphysemaに対する気管支内バルブ(Zephyr)の多施設共同研究

e0156318_14441648.jpg 単施設でしかエビデンスがなかったのですが、これで本格的に脚光を浴びそうです。

Samuel V Kemp , et al.
A Multicenter RCT of Zephyr® Endobronchial Valve Treatment in Heterogeneous Emphysema (TRANSFORM)
AJRCCM, https://doi.org/10.1164/rccm.201707-1327OC

背景: 
 Zephyr気管支内バルブ(EBV)治療は、重症heterogeneous emphysema患者に対して有効であることが単施設ランダム化比較試験で示されている。これは、初めての多施設共同研究である。

目的:
 heterogeneous emphysemaで側副換気がないCOPD患者を対象に、Zephyr EBVの有効性と安全性を調べること。

方法:
 前向きに多施設共同でEBV+通常ケアあるいは通常ケアのいずれかに2:1にランダムに割り付けた。プライマリアウトカムは処置後3ヶ月時点でのベースラインからの1秒量改善12%以上とした。1秒量変化、残気量、6分間歩行距離、SGRQスコア、mMRCが3ヶ月時、6ヶ月時にアセスメントされた。

結果:
 97人の患者がランダム化された。EBV65人、通常ケア32人だった。3ヶ月時点で、EBV群の55.4%、通常ケア群の6.5%に1秒量12%以上の改善がみられた(p<0.001)。改善は6ヶ月目までも持続した(56.3%vs 3.2%、p<0.001)。6ヶ月時点での平均1秒量変化はEBV群20.7±29.6%、通常ケア群―8.6±13.0%だった。EBV群の89.8%が350mL以上の容量現減少を胸部CTで確認されていた。6ヶ月時点での残気量、6分間歩行距離、SGRQ、mMRC、BODEはすべて有意にEBV群の方が良好であった(all p<0.05)。気胸はEBVでよくみられ、65人中19人に発症した。

結論:
 側副換気のないheterogeneous emphysemaでは、EBVは臨床的に意義のある肺機能、症状、QOLの改善をもたらす。


by otowelt | 2017-10-19 00:42 | 気管支喘息・COPD

SUMMIT試験サブ解析:中等度気流閉塞のCOPD例ではICSは肺炎リスクを増加させない

e0156318_1633480.jpg SUMMIT試験のサブ解析多いですね、最近色々目にします。

Crim C, et al.
Pneumonia risk with inhaled fluticasone furoate and vilanterol in COPD patients with moderate airflow limitation: The SUMMIT trial.
Respir Med. 2017 Oct;131:27-34.

 
背景:
 COPDにおける吸入ステロイド薬の肺炎リスクは、中等度の気流閉塞がある患者ではあまり検証されていない。

目的:
 心血管系リスクが高い、中等度の気流閉塞のあるCOPD患者で、吸入ステロイド薬が肺炎のリスク因子になるかどうか調べた(SUMMIT試験サブ解析)。

方法:
 SUMMIT試験では、16590人の中等度の気流閉塞があり(%1秒量が50~70%)心血管系リスクが高いCOPD患者をランダムに1:1:1:1に以下の治療群に割り付けた。吸入ビランテロール25μg、吸入フルチカゾンフランカルボン酸100μg、吸入ビランテロール25μg+フルチカゾンフランカルボンさん、吸入プラセボ。事前に規定された基準に基づき、研究者が報告した肺炎イベントを記録し解析した。

結果:
 研究薬を投与された患者の安全性解析に16568人が組み込まれた。肺炎は合計842人・1017イベント観察された。プラセボ、フルチカゾンフランカルボン酸、ビランテロール、フルチカゾンフランカルボン酸/ビランテロールのそれぞれでは5%、5%、4%、6%だった。治療開始時期で補正をしても、イベント発生率は全群同等であった(プラセボ、フルチカゾンフランカルボン酸、フルチカゾンフランカルボン酸/ビランテロールで100治療年あたりれぞれ3.84、4.24、3.95)。しかし、ビランテロール単独群では有意に低かった(100治療年あたり2.77)。
 肺炎のリスク因子には以下の要素が報告された。すなわち、強い気流閉塞(%1秒量60%未満)、過去の増悪歴、BMI25未満。

結論:
 過去の重度のCOPD患者に対する研究とは異なり、中等度の気流閉塞があり心血管系リスクの高い患者では肺炎のリスクは上昇しなかった。


by otowelt | 2017-10-18 00:44 | 気管支喘息・COPD

SUMMIT試験サブ解析:心血管系リスクの高いCOPD患者に対する吸入薬は安全

e0156318_1633480.jpg 有名なコホートにおける、CVDリスクが高いCOPD患者のサブ解析です。

Brook RD, et al.
Cardiovascular outcomes with an inhaled beta2-agonist/corticosteroid in patients with COPD at high cardiovascular risk.
Heart. 2017 Oct;103(19):1536-1542.


目的:
 心血管系疾患(CVD)およびCOPDはしばしば共存する。われわれは、COPDでCVDリスクが高い患者における吸入COPD治療がCVDアウトカムの効果を検証した。

方法:
 多施設共同ランダム化二重盲検プラセボ対照試験であるSUMMIT試験の被験者である中等症COPD患者16485人を対象とした。治療中のCVDイベント複合(CVD死、心筋梗塞、脳卒中、不安定狭心症、一過性脳虚血発作)と主治医報告によるCVD有害事象の発生を記録した。患者は4群あり、1日1回のプラセボ吸入群(4111人)、長時間作用性β2刺激薬(LABA)吸入群(ビランテロール25μg、4118人)、吸入ステロイド薬(ICS)群(フルチカゾンフランカルボン酸エステル100μg、4135人)、ICS/LABA合剤群(4121人)の内訳である。

結果:
 患者は中高年に多く、平均年齢65±8歳、男性が75人だった。明らかなCVDが存在していたのは66%だった。CVD複合エンドポイントは688人にみられた(突然死35%、ACS37%、脳卒中あるいはTIA23%)。治療群とプラセボ群では有意な差はみられなかった(LABA:ハザード比0.99、95%信頼区間0.75-1.14、ICS:ハザード比0.90、95%信頼区間0.72-1.11、ICS/LABA:ハザード比0.93、95%信頼区間0.75-1.14)。動悸や不整脈などの有害事象も両群同等だった。

結論:
 CVDリスクの高い中等症COPD患者において、LABA、ICS、ICS/LABA治療は安全性プロファイルが高く、CVDアウトカムに直結しない。


by otowelt | 2017-10-03 00:19 | 気管支喘息・COPD

FDAでトリプル吸入製剤:トレレジー®エリプタ承認

e0156318_196348.jpg
 FDAでトリプル吸入製剤であるトレレジー(Trelegy)®エリプタがCOPDに対して承認されました。これまでのエリプタ製剤は、ブレオ®→レルベア®、インクルーズ®→エンクラッセ®と微妙に日本の商品名が変わっているので、トレレジー®ではないかもしれませんが・・・。
 Chiesiのトリプル吸入療法の根拠となる臨床試験名のTRILOGYと似てしまっているのが気になります。

https://copdnewstoday.com/2017/09/20/fda-approves-triple-combo-known-as-trelegy-ellipta-as-a-maintenance-therapy-for-copd/


by otowelt | 2017-09-23 00:02 | 気管支喘息・COPD

METREX試験・METREO試験:好酸球性フェノタイプを有するCOPDに対するヌーカラ®はCOPD増悪を抑制

e0156318_055717.jpg
 ERS2017で話題の臨床試験です。

Ian D. Pavord, et al.
Mepolizumab for Eosinophilic Chronic Obstructive Pulmonary Disease
NEJM, September 12, 2017


背景:
 COPD患者で好酸球性フェノタイプがある人は、IL-5モノクローナル抗体であるメポリズマブ治療の恩恵を受けるかもしれない。

方法:
 われわれはランダム化プラセボ対照二重盲検並行群間試験を実施し、メポリズマブ(METREX試験では10omg、METREO試験では100あるいは300mg)とプラセボを比較した(4週ごと52週まで)。患者はCOPDで、吸入ステロイド薬ベースのトリプル吸入療法を受けているにもかかわらず、中等症あるいは重症の増悪の既往があるものを登録した。
 METREX試験では、好酸球性フェノタイプがある非選択的な患者(修正ITT集団)を好酸球数によって層別化した(スクリーニング時150/mm3以上あるいは過去1年300/mm3以上)。METREO試験では、全患者が上記好酸球条件に合致するものとした。プライマリエンドポイントは年間の中等症あるいは重症増悪率とした。安全性についても評価された。

結果:
 METREX試験では、好酸球性フェノタイプのある修正ITT集団(462人)において、メポリズマブ群1.40/年、プラセボ群1.71/年の年間増悪率であった(率比0.82; 95%信頼区間0.68 to 0.98; 補正P=0.04)。フェノタイプを問わない修正ITT集団全例では有意差はみられなかった(836人) (率比0.98; 95%信頼区間0.85 to 1.12; 補正P>0.99)。
 METREO試験では、同平均増悪率は100mgメポリズマブ群1.19/年、300mgメポリズマブ群1.27/年、プラセボ群1.49/年だった(率比は100mg vs プラセボ群で0.80、95%信頼区間0.65 to 0.98; 補正P=0.07、300mg vs プラセボ群で0.86、95%信頼区間0.70 to 1.05; 補正P=0.14)。
 安全性プロファイルについてはメポリズマブとプラセボは同等だった。
e0156318_850936.jpg
(文献から引用:METREX、METREO-修正ITT)

結論:
 好酸球性フェノタイプのあるCOPD患者において、プラセボと比較してメポリズマブ100mgは中等症あるいは重症のCOPD増悪の年間発生率を抑制する。これは、好酸球性気道炎症がCOPD増悪に寄与していることを示唆する。


by otowelt | 2017-09-13 12:49 | 気管支喘息・COPD

LABA+ICSでコントロール不良の喘息患者に対するテゼペルマブの有用性

e0156318_224778.jpg 血中好酸球数などのバイオマーカーに依存しない、というのは喘息の抗体医薬品で重要なポイントになってくるでしょうね。

Jonathan Corren, et al.
Tezepelumab in Adults with Uncontrolled Asthma
N Engl J Med 2017; 377:936-946


背景
 中等症~重症の喘息で、とりわけ非好酸球性炎症がみられる患者には、いまだ喘息コントロールが得られにくいものがいる。本研究では、長時間作用性β刺激薬(LABA)と中~高用量の吸入ステロイド薬(ICS)による治療を導入してもコントロールが不良である喘息患者を対象に、上皮細胞由来のサイトカインである胸腺間質性リンパ球新生因子(TSLP)に特異的なヒトモノクローナル抗体であるテゼペルマブの有効性と安全性を評価した。

方法:
 この研究は、第2相ランダム化二重盲検プラセボ対照試験である。52週の投与期間中に3用量のテゼペルマブ皮下投与とプラセボ皮下投与を比較した。プライマリエンドポイントは、52週時点での喘息増悪の年間発生率(1人年あたり)に設定した。

結果:
 テゼペルマブ70mg4週ごとの投与(低用量群145人)、210mg4週ごとの投与(中用量群145人)、280 mg2週ごとの投与(高用量群146人)は、52週時点の年間増悪率はそれぞれ1人年あたり0.26件、0.19件、0.22件であったのに対し、プラセボ群(148人)では0.67件だった。ゆえに、各々のテゼペルマブ群の増悪率はプラセボ群と比較してそれぞれ61%、71%、66%低かったと言える(P<0.001)。また、登録時の血中好酸球数を問わず同様の結果が得られた。52週時点での気管支拡張薬吸入前1秒量は、テゼペルマブのすべての用量群でプラセボ群よりも高かった。中用量群の2人、高用量群の3人、プラセボ群の1人が有害事象のため試験を中止した。

結論:
 LABAとICSによる治療歴のある喘息患者では、テゼペルマブはプラセボと比較して血中好酸球数に関係なく臨床的に重要な喘息増悪率が低下させた。


by otowelt | 2017-09-13 00:02 | 気管支喘息・COPD

実臨床におけるレルベア®吸入は、通常ケアと比較してACTを有意に改善

e0156318_224778.jpg 個人的にもレルベア®は推しています。

Ashley Woodcock, et al.
Effectiveness of fluticasone furoate plus vilanterol on asthma control in clinical practice: an open-label, parallel group, randomised controlled trial
Lancet, Published: 10 September 2017, DOI: http://dx.doi.org/10.1016/S0140-6736(17)32397-8


背景:
 喘息治療のエビデンスは、高度に選択された患者での効果を検証した臨床試験に由来している。実臨床におけるランダム化比較試験の必要性が求められている。

方法:
 われわれは、サルフォードおよび南マンチェスターにおける74のクリニックにおいて、オープンラベルのランダム化比較試験を実施した。クリニック医が診断した18歳以上の有症状喘息患者で維持療法を受けているものが対象であり、ランダムに1日1回のフルチカゾンフランカルボン酸(100μgあるいは200μg)+ビランテロール(レルベア®100/200)あるいは適切な通常ケアのいずれかに割り付けた。プライマリエンドポイントは、24ヶ月時点でのACTの20点以上の達成あるいはベースラインからのACT上昇3点以上とした。ITT解析で評価した。

結果:
 2012年11月12日から2016年12月16日までに4725人の患者が登録され、4233人がランダム化された(レルベア®群2114人、通常ケア群2119人)。1207人がベースラインACTが20点以上であった。24週時点で、効果がみられたレスポンダーはレルベア®群の方が通常ケア群よりも多かった(977人[71%] vs 784人[56%];オッズ比2.00 [95%信頼区間1.70–2.34], p<0.0001)。24週時点で、補正平均ACTスコアは、レルベア®群でベースラインから4.4点、通常ケア群は2.8点上昇した(差1.6 [95%信頼区間1.3–2.0], p<0.0001)。肺炎はほとんどみられず、両群に差はみられなかった。その他、重篤な合併症はみられなかった。

結論:
 クリニック医が診断した有症状喘息患者において、1日1回のレルベア®吸入は重篤な合併症を上昇させることなく通常ケアよりもACTを改善させた。


by otowelt | 2017-09-12 00:23 | 気管支喘息・COPD