カテゴリ:気管支喘息・COPD( 410 )

貧血、CRP高値、酸素療法中のCOPD患者は入院後3ヶ月アウトカム不良

e0156318_9415066.jpg CATスコアの平均がなかなか高い重症度分類B群をイメージした検討です。多変量解析に用いた因子がかなり多いです。

García-Rivero JL, et al.
Risk Factors of Poor Outcomes after Admission for a COPD Exacerbation: Multivariate Logistic Predictive Models.
COPD. 2016 Dec 16:1-6.


背景および方法:
 この研究の目的は、COPDの増悪によって入院した後の予後不良因子を多変量モデルで同定することである。われわれは、多施設共同観察前向き研究を実施した。COPDで入院した患者をその後3ヶ月追跡した。入院時に信頼性のある臨床的因子を選択した。各因子に対して、予後不良アウトカムを予測する最適なカットオフ値をROC曲線を用いて同定した。最終的にステップワイズロジスティック回帰モデルをおこなった。

結果:
 106人のCOPD患者が登録された(平均年齢71.1±9.8歳)。平均%1秒量は45.2%で、平均CATスコアは24.8±7.1点だった。3ヶ月時点で、39人(36.8%)がアウトカム不良と判断された(死亡2.8%、再入院20.8%、新たな増悪13.2%)。ロジスティックモデルに組み込まれた因子は以下の通り:過去の入院既往、%1秒量45%未満、Charlsonスコア3点以上、ヘモグロビン13g/dL未満、PaCO246mmHg以上、フィブリノゲン554g/L以上、CRP45mg/L以上、白血球数9810×109/L未満、膿性痰、長期酸素療法、入院時CATスコア31点以上。
 最終的なモデルでは、ヘモグロビン13g/dL未満(オッズ比2.46、95%信頼区間1.09-6.36)、CRP45mg/L以上(オッズ比2.91、95%信頼区間1.11-7.49)、長期酸素療法(オッズ比3.07, 95%信頼区間1.07-8.82)はアウトカム不良の頻度を上昇させた(82.4%)。CATスコア31点以上を加えると、91.6%まで上昇(AUC = 0.75; p = 0.001)。

結論:
 COPD患者の36.8%が退院後3ヶ月以内のアウトカムが不良で、ヘモグロビン低値、CRP高値がアウトカム不良のリスク因子であった。入院時CATスコア高値は適中率を上昇させた。

by otowelt | 2017-01-04 00:25 | 気管支喘息・COPD

喫煙COPD患者において電子たばこは主観的・客観的COPDアウトカムを改善

e0156318_23175684.jpg よくわからんので私は中立的な立場ですが、電子たばこはいいんだ!という意見も出てきました。

Polosa R, et al.
Evidence for harm reduction in COPD smokers who switch to electronic cigarettes.
Respir Res. 2016 Dec 16;17(1):166.


背景:
 電子たばこ(ECs)は蒸発作用のあるニコチン喫煙のための充電式デバイスである。ニコチンは、喫煙者に対してたばこ消費をなくしたり減らしたりする作用がある。COPDのある喫煙者に対するECの健康的な影響のデータは欠如しており、定期的な使用が主観的および客観的なCOPDアウトカムを改善するかどうかも分かっていない。
 われわれは、ECを補助的に使用したり単独で使用したりしてたばこ消費量をゼロにしたりやめたりしたCOPDと診断された喫煙者の、客観的および主観的な呼吸器系アウトカムの長期的変化を調べた。

方法:
 われわれは、少なくとも2回のフォローアップにおいて定期的なEC毎日使用を報告したCOPD患者を後ろ向きにレビューした。定期的に喫煙しているCOPD患者をリファレンス群と設定した。

結果:
 EC使用者で著明なたばこ消費量の減少がみられた。COPD増悪についても、EC使用群で有意に減少した(フォローアップ1回目:平均2.3±1→1.8±1、p = 0.002、フォローアップ2回目:→平均1.4 ±0.9、p < 0.001)。従来のたばこを使用しつつもECも使用している場合においてもCOPD増悪の有意な減少がみられた。COPD症状および身体活動性はEC群で有意に改善したが、リファレンス群では変化はなかった。

結論:
 COPDを有する喫煙者におけるECの使用は、たばこ消費量を減らし、年間COPD増悪発生だけでなく主観的および客観的COPDアウトカムについても改善をもたらした。

by otowelt | 2016-12-27 00:11 | 気管支喘息・COPD

スピリーバ®は喫煙者喘息にも有効:吸入後短時間での肺機能を検討

e0156318_23175684.jpg 吸入後の短い時間でのLAMAの効果について検証したものです。喫煙者の方が効果は大きいと言えます。

Yoshida M, et al.
Effects of tiotropium on lung function in current smokers and never smokers with bronchial asthma.
Pulm Pharmacol Ther. 2016 Nov 22. pii: S1094-5539(16)30169-9. doi: 10.1016/j.pupt.2016.11.004. [Epub ahead of print]


背景:
 現喫煙者および非喫煙者のICS等で治療されている喘息患者に対する吸入LAMAであるチオトロピウムの肺機能への効果を調査した。

方法:
 われわれは二重盲検プラセボ対照比較試験を実施し、現喫煙者9人・非喫煙者9人にチオトロピウム単回吸入をプラセボとクロスオーバーで吸入してもらった。肺機能はチオトロピウム18μgあるいはプラセボの吸入から1時間後、3時間後、24時間後に測定した。プライマリアウトカムはベースラインからの1秒量変化、セカンダリアウトカムはピークフロー、V50(ブイドット50)、V25(ブイドット25)とした。

結果:
 喘息患者の平均1秒量は喫煙者2590mLで、非喫煙者2220mLだった。平均ICS用量はそれぞれ1208μg/日、1000μg/日だった。プラセボと比較してチオトロピウムの吸入では、3時間後のベースラインからの1秒量の増加がみられた(喫煙者169mL、非喫煙者105mL)。ピークフロー、V50、V25についてもチオトロピウム吸入の方が有意に大きかった。喫煙者の喘息患者の方が1秒量やピークフローの改善が大きい傾向にあったが、統計学的な差は観察されなかった。

結論:
 チオトロピウムは現喫煙者および非喫煙者の喘息の肺機能を改善した。チオトロピウムは気管支喘に対する新しい治療戦略として支持される。

by otowelt | 2016-12-21 00:43 | 気管支喘息・COPD

GALA II研究・SAGE II研究:認識型人種差別と喘息の関連

e0156318_9511160.jpg 言わずもがなの結果ですが、重要なことです。

Neeta Thaku, et al.
Perceived Discrimination Associated with Asthma and Related Outcomes in Minority Youth: The GALA II and SAGE II Studies
Chest. 2016. doi:10.1016/j.chest.2016.11.027


背景:
 喘息は不釣り合いに一部の集団に影響を与え、人種差別といった精神社会的ストレスと関連している。われわれは、喘息およびコントロール不良喘息を有するアフリカ系アメリカ人およびラテン系若年層における認識型差別(perceived discrimination)の影響について調べた。

方法:
 われわれがアフリカ系アメリカ人(954人)、メキシコ系アメリカ人(1086人)、他のラテン系アメリカ人(522人)、プエルトリコ・アイランダーズ(1025人)の若年者(8~21歳)をGALA II研究およびSAGE II研究から抽出した。喘息は主治医の診断で定義され、喘息コントロールはNHLBIガイドラインで定義された。認識型人種差別は差別経験に対するアンケートを学校、医療機関、公共の場で実施することで拾い上げた。われわれは、認識型差別と喘息アウトカムの関連を調べ、社会経済的ステータス(SES)と世界的にアフリカ人の祖先を持つことがこれらの関連に影響を与えるか調べた。

結果:
 差別経験のあるアフリカ系アメリカ人の小児は、そうした経験のない小児と比較して喘息のオッズ比を78%上昇させた(オッズ比1.78; 95%信頼区間1.33-2.39)。同様に、差別経験のあるアフリカ系アメリカ人の小児は、喘息コントロール不良と関連していた(オッズ比1.97; 95%信頼区間1.42-2.76)。
 これらの関連性はラテン系アメリカ人小児の間には観察されなかった。
 SESは、メキシコ系アメリカ人および他のラテン系アメリカ人において、喘息を有する若年層の間で認識型差別の影響を悪化させた。


結論:
 認識型差別はアフリカ系アメリカ人の若年層で喘息およびコントロール不良喘息のオッズ比を上昇させる。SESはメキシコ系アメリカ人および他のラテン系アメリカ人での喘息を有する若年層の間で認識型差別の影響を増加させた。

by otowelt | 2016-12-20 00:33 | 気管支喘息・COPD

チオトロピウム吸入においてディスクエア®はハンディヘラー®に非劣性

e0156318_2328395.jpg ディスクエアは見た目はほぼディスカスですが、ロックがついていたり、ワンタッチ操作であったり、やや改善された進化版です。

Yildiz P, et al.
Bronchodilator efficacy of 18 μg once-daily tiotropium inhalation via Discair® versus HandiHaler® in adults with chronic obstructive pulmonary disease: randomized, active-controlled, parallel-group, open-label, Phase IV trial.
Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2016 Nov 22;11:2859-2867. eCollection 2016.


目的:
 18μgのチオトロピウム吸入をディスクエア®あるいはハンディヘラー®の行った場合の気管支拡張効果を成人中等症~重症COPD患者で比較すること。

患者および方法:
 58人の中等症~重症COPD患者が登録され、ランダム化された。患者はランダムにディスクエア群(29人)、ハンディヘラー群(29人)に割り付けられた。プライマリ効果パラメーターは平均1秒量最大変化(L)とした。その他、努力性肺活量変化(L)、%1秒量、%努力性肺活量、1秒量および努力性肺活量の絶対変化に対する標準化AUC、安全性などを調べた。

結果:
 ディスクエアはハンディヘラーに非劣性であった(非補正1秒量変化0.0017 L [95%信頼区間-0.0777~0.0812])。ベースラインからの努力性肺活量の最大変化は両群で差はなかった(0.3417 L vs 0.4438 L, P=0.113)。特記すべき有害事象なども認められなかった。

結論:
 中等症~重症COPDに対するチオトロピウム吸入において、ディスクエアはハンディヘラーに非劣性であった。。

by otowelt | 2016-12-19 00:50 | 気管支喘息・COPD

START試験事後解析:軽症喘息に対するICS導入は週あたりの症状日数で規定されるべきでない

e0156318_13444039.jpg 話題になったReddel医師の論文です。

Reddel HK, et al.
Should recommendations about starting inhaled corticosteroid treatment for mild asthma be based on symptom frequency: a post-hoc efficacy analysis of the START study.
Lancet. 2016 Nov 29. pii: S0140-6736(16)31399-X. doi: 10.1016/S0140-6736(16)31399-X. [Epub ahead of print]


背景:
 低用量吸入ステロイド薬(ICS)は、喘息発作や死亡を減らす上で効果的である。過去のガイドラインにおいて、ICS治療は1週間に2日以上症状がある患者(persistent asthma)に推奨されてきたが、このカットオフ値はエビデンス不足のまま現行GINAガイドラインへいたることとなった。
 ベースラインの喘息症状の頻度で層別化した集団において、重症喘息発作、肺機能、喘息症状コントロールに対するブデソニドあるいはプラセボに異なる反応性があるかどうかをみることで、従来の症状に基づいたICS開始のカットオフの妥当性を調べた。

方法:
 われわれはSTART試験の事後解析を実施した(32ヶ国、3ヶ月)。4歳~66歳の軽症喘息患者(1週間のうち少なくとも1日の喘息症状があり、それが毎日出現しないもの)で、過去にステロイド定期処方を受けていないものをランダムに1日1回のブデソニド400μg(11歳未満は200μg)あるいはプラセボに割り付けた。
 複合プライマリアウトカムは、初回の喘息関連イベント(SARE:入院、救急受診治療、死亡)およびベースラインからの肺機能の変化(気管支拡張後)とした。ベースラインの症状頻度との相関性が調べられ、症状頻度は1週間あたり2日を境に層別化された。

結果:
 7138人(3577人:ブデソニド、3561人:プラセボ)のうち、ベースラインの症状頻度が1週間あたり0日から1日未満のもの(0~1日群)が2184人(31%)、1日を超え2日未満のもの(1~2日群)が1914人(27%)、2日を超えるもの(2日超群)が3040人(43%)だった。
 プラセボと比較するとブデソニドは、症状頻度サブグループのいずれにおいても初回SAREまでの期間を有意に延長させ(0~1日群:ハザード比0.54 [95%信頼区間0.34-0.86]、1~2日群:ハザード比0.60 [95%信頼区間0.39-0.93] 、2日超群:ハザード比:0.57 [95%信頼区間0.41-0.79], pinteraction=0.94)、3年次の気管支拡張後肺機能の減少についてもブデソニド群はその影響が軽かった(pinteraction=0.32)。
e0156318_17283415.jpg
(文献より引用:初回SAREまでの期間)

 プラセボと比較するとブデソニドは、経口あるいは全身性ステロイドを要する重症発作のリスクを減らした(0~1日群:率比0.48 [95%信頼区間0.38-0.61]、1~2日群:率比0.56 [95%信頼区間0.44-0.71]、2日超群:率比0.66 [95%信頼区間0.55-0.80]、pinteraction=0.11)。また、気管支拡張前肺機能を改善させ、無症状日数はより多かった(すべての症状頻度サブグループにおいてp<0.0001)。

結論:
 軽症の直近発症の喘息において、1週間あたりの症状頻度を問わず、1日1回の低用量ブデソニドはSAREリスクを軽減し、肺機能減少を抑制し、症状コントロールを改善させることがわかった。これは、ICSの使用を2日を超えて症状を有する喘息患者に限定しないよう推奨されることを示唆するものである。

by otowelt | 2016-12-14 00:58 | 気管支喘息・COPD

気流制限がないにもかかわらず気腫肺がみられる喫煙者の臨床的特徴

e0156318_23175684.jpg 大局的な流れとして、将来的にCOPDの定義が変わるような気がしています。少なくとも1秒率の定義だけではスクリーニング機能が不十分であることは明らかです。

Ana B. Alcaid, et al.
Clinical Features of Smokers with Radiological Emphysema but without Airway Limitation
Chest. 2016. doi:10.1016/j.chest.2016.10.044


背景:
 気流制限がないが気腫肺を有する患者の臨床的特徴については良く分かっていない。

目的:
 放射線学的に胸部CTで気腫肺がみられる気流制限のない現・既往喫煙者の臨床的特徴を、気腫肺のない現行喫煙者、既往喫煙者のそれと比較すること。

方法:
 被験者は身体測定、既往歴聴取、低線量CTを受けた。以下のパラメータが評価された:肺機能検査(DLCOを含む)、mMRC息切れスケール、CATスコア問診、6分間歩行試験。気腫肺がCTで観察された被験者と観察されなかった被験者を比較した。

結果:
 203人のうち、154人(78%)が気腫肺を有しており、49人が有していなかった。低線量CTで気腫肺がみられた患者はDLCOが異常(80%未満)を示しやすく(46% vs 19%, p=0.02)、6分間歩行試験中のSpO2が4%を超えて低下しやすく(8.5% vs 0%, p= 0,04)、QOLが障害されやすかった(CATスコア10点以上) (32% vs 14%, p=0.01)。CATスコアの各項目を調べると、気腫肺がみられる患者の多くが「胸がしめつけられる感じがする」(p=0.05)、「家庭での日常生活に制限を感じる」(p<0.01)と答えていた。また気腫肺がみられた患者は過去1年の増悪が有意に多かった(0.19 vs 0.04, p=0.02)。

結論:
 喫煙者には、気流制限がないものの低線量CTで気腫肺がみられる患者がおり、QOL低下、COPD増悪、DLCO低下、6分間歩行試験中の酸素飽和度の低下と関連していた。
 

by otowelt | 2016-12-05 00:52 | 気管支喘息・COPD

STAAR試験:コントロール不良喘息小児に対する電子アドヒアランスモニタリング戦略の有効性

e0156318_12222112.jpg やはりアラームなどをつけると吸入デバイス自体が大きくなってしまいますね。

Morton RW, et al/
STAAR: a randomised controlled trial of electronic adherence monitoring with reminder alarms and feedback to improve clinical outcomes for children with asthma.
Thorax. 2016 Nov 4. pii: thoraxjnl-2015-208171.


背景:
 吸入ステロイド薬のアドヒアランスの問題は喘息小児ではよくみられる事象で、ひいては疾患コントロール不良やQOL低下、死亡リスクの増加にまで関連しているかもしれない。電子モニターを用いたアドヒアランス改善効果を狙った過去の研究では良好な結果が示されたが、臨床アウトカムの改善までは示されていない。この研究の目的は、このアプローチをルーチンのプラクティスに導入することによって臨床アウトカムの改善がみられるかどうかを検証したものである。

方法:
 喘息小児6~16歳を登録し、ランダムに電子アドヒアランスモニター介入群(毎日アラームが鳴り、ICS使用はクリニックに通達される)と非介入群(アドヒアランスの観察のみ)に割り付けた。全小児はベースラインにおいて、ICSおよびLABAの使用下でコントロール不良の喘息を有していた。ルーチンのクリニック受診は3ヶ月ごととし、1年間まで継続した。プライマリアウトカムはACQスコアとした。セカンダリアウトカムはアドヒアランス、喘息マーカーとした。
e0156318_1218677.jpg
(文献より引用)

結果:
 90人中77人の小児が試験を完遂した(39人が介入群、38人がコントロール群)。アドヒアランスは介入群70%、非介入群49%だった(p≤0.001)。ACQスコアには有意な差はみられなかったが、介入群の小児は有意に経口ステロイドを要する頻度が低く(p=0.008)、入院が少なかった(p≤0.001)。
e0156318_12192773.jpg
(文献より引用:アドヒアランス[A:介入群、B:非介入群])

結論:
 喘息コントロール不良小児に対する電子アドヒアランスモニタリングによるフィードバック戦略は、ルーチンの喘息マネジメントに有意な利益をもたらす。

by otowelt | 2016-11-30 00:07 | 気管支喘息・COPD

青年期有症状喘息に対するスピリーバ®レスピマット上乗せの有効性

e0156318_13311175.jpg 青年期の喘息患者さんにレスピマットを上乗せしたら、アドヒアランスがとんでもなく悪化しそうで・・・。

Hamelmann E, et al.
A randomised controlled trial of tiotropium in adolescents with severe symptomatic asthma.
Eur Respir J. 2016 Nov 3. pii: ERJ-01100-2016.


背景:
 われわれは重症青年有症状喘息患者において、ICS+別のコントローラーを使っている状態に1日1回のチオトロピウム(スピリーバ®)レスピマットを上乗せする効果について調べる第III相二重盲検並行群間試験を実施した。

※本試験では以下の規定
・高用量ICS+1つ以上の別のコントローラー(LABAあるいはロイコトリエン拮抗薬)
・中用量ICS+2つ以上の別のコントローラー(LABA、ロイコトリエン拮抗薬、テオフィリン徐放製剤)


方法:
 12~17歳までの392人が登録され、チオトロピウム5μg、2.5μg、プラセボを12週間上乗せするいずれかの群に割り付けられた。プライマリエンドポイントおよびキーセカンダリエンドポイントは、治療12週間後のベースラインからのピーク1秒量(吸入3時間以内FEV0-3h)の変化、トラフ1秒量とした。

結果:
 チオトロピウム5μg群はピークFEV1(0-3h)をプラセボよりも数値上は改善した(90 mL; p=0.104)。またチオトロピウム2.5μg群では有意な改善がみられた(111 mL; p=0.046)。両チオトロピウム群でいずれもトラフ1秒量と喘息コントロールの改善がみられた。安全性と忍容性はプラセボと同等であった。
e0156318_13221383.jpg
(ピークFEV1(0-3h)
e0156318_13235428.jpg
(トラフ1秒量)

結論:
 ICS+その他コントローラーで管理されている有症状の喘息青年患者に対して1日1階のチオトロピウムレスピマットを上乗せすることは忍容性がある。プライマリエンドポイントは満たさなかったが、肺機能に対して良好な改善はみられた。

by otowelt | 2016-11-21 00:11 | 気管支喘息・COPD

小児喘息に対する岩塩療法は有効か?

e0156318_1336485.jpg 4年ほど前に当ブログでも喘息の洞窟療法について取り上げました。

気管支喘息における洞窟療法(岩塩)

 岩塩豊富な洞窟に出かけるのは研究デザインとしては厳しいので、最近はhalogeneratorを用いてその環境を再現するHalotherapyが考案されています。これは、岩塩洞窟さながら、その部屋に微細な塩粉を発生させるというものです。

Bar-Yoseph R, et al.
Halotherapy as asthma treatment in children: A randomized, controlled, prospective pilot study.
Pediatr Pulmonol. 2016 Oct 10. doi: 10.1002/ppul.23621. [Epub ahead of print]


背景:
 喘息は間欠的あるいは持続的な抗炎症治療が必要な慢性炎症性疾患である。患者はしばしば従来の治療の補完的および代替的な治療を希望することがある。われわれは、気道過敏性検査、FeNO、QOLの検査によりハロセラピー(Halotherapy:岩塩療法)の効果を調べた。

方法:
 軽症喘息と臨床診断され、抗炎症治療を受けていない5歳~13歳の小児を登録した。患者はランダムにhalogeneratorのある岩塩部屋(治療群)あるいはhalogeneratorのない岩塩部屋(コントロール群)に割り付けられた。気道過敏性、FeNO、スパイロメトリー、QOL質問票で評価した。治療は7週間継続され、合計14セッションが設けられた。

結果:
 ランダムに両治療群に割り付けられた。29人がhalogenerator岩塩療法群、26人がhalogeneratorのない群に割り付けられた。気道過敏性は治療群において有意に改善がみられ、コントロール群では変化がみられなかった。スパイロメトリーあるいはFeNOレベルには群間差はなかった。またQOL質問票については、治療群の方に良好な改善がみられた。

結論:
  halogeneratorを有する岩塩部屋は喘息小児には有効と考えられる。大規模なランダム化比較試験で長期フォローアップした研究の実施が望まれる。

by otowelt | 2016-11-11 00:18 | 気管支喘息・COPD