カテゴリ:気管支喘息・COPD( 414 )

COPDのincidence rateについての考察


今週のCHESTより。
COPDの疫学は、発見が遅いことから未開拓領域。
そのため、インパクトファクターも甘い傾向にある。

Prevalence, Incidence, and Lifetime Risk for the Development of COPD in the Elderly.Chest February 2009 135:368-377; published ahead of print February 5, 2009, doi:10.1378/chest.08-0684

背景:
 COPDの有病率prevalenceはすでに考察されている論文がいくつかある。
 (Lancet2007の有病率10.1%が有名か?
  ・・・・・・・・・40歳以上の成人の10人に1人がstageⅢ以上)
 
 しかしながら、COPDの発生率incidenceに関しての報告は少ない。

 prevalence: ある一時点においての疾病を有している人の割合
 incidence:ある一定期間における新たなる疾病の発症頻度(人年)


方法:
 prospective population-based cohort studyを
 55歳以上のCOPD患者でおこなった。

結果:
 7,983人の患者が登録され、648症例が平均11年のフォローアップで
 COPDを発症している。overall incidence rate (IR)は9.2/1,000人年。
 [95%CI, 8.5~10.0]
 IRはもちろん、男性の方が多かった。
 ・男性:(14.4/1,000人年; 95% CI, 13.0~16.0)
 ・女性:(6.2/1,000 PY; 95% CI, 5.5 to 7.0)
 また、スモーカーの方が高かったのは言わずもがな。
 そして、このIRは55~59歳の若い女性にも患者群として
 有意に多かったという結果が出た。(7.4/1,000人年; 95%CI, 4.1~12.6)
 

by otowelt | 2009-02-25 11:47 | 気管支喘息・COPD

air trappingは喘息重症度と相関

Ashley Busacker, et al. A Multivariate Analysis of Risk Factors for the Air-Trapping Asthmatic Phenotype as Measured by Quantitative CT Analysis. Chest  2009 ;135:48-56

背景:
 重症喘息患者はair trappingがしばしば観察される。しかしながら、
 これをCTで撮影したことによる論文というのは今までない。
 この論文では2つの仮説をもとに検証している。すなわち、
 (1) air trapping measured by multidetector CT (MDCT)
  quantitative methodology would be a predictor of a more
  severe asthma phenotype; and
 (2) historical, clinical, allergic, or inflammatory risk factors
  could be identified via multivariate analysis.

方法:
 MDCTをつかっておこなわれた。
 Air trappingの定義:-850HUを下回り、かつ肺組織の9.66%以上
 (これって面積のこと??)
 喘息の重症度との関連性をリサーチ。

結果:
 air trappingの存在は、asthma-related hospitalizations, ICU visits,
 and/or mechanical ventilationと相関した。
 喘息発作の期間(OR, 1.42; 95%CI, 1.08 to 1.87)
 肺炎のエピソード(OR, 8.55; 95% CI, 2.07 to 35.26)
 気道好中球高値(OR, 8.67; 95% CI, 2.05 to 36.57)
 気道閉塞性(FEV1/FVC) (OR, 1.61; 95% CI, 1.21 to 2.14)
 アトピー(OR, 11.54; 95% CI, 1.97 to 67.70)
 
結論
 CTにおけるair trappingは喘息の重症度と相関する。

by otowelt | 2009-02-17 09:42 | 気管支喘息・COPD

気管支喘息におけるオマリズマブ(ゾレア)の適応承認

2009年1月21日、喘息治療薬のオマリズマブ(ゾレア)が製造承認を取得。
喘息に適応を持つ、初の抗体医薬(ヒト化抗ヒトIgEモノクローナル抗体製剤)。
2~4週間に1回の皮下注射で、重症喘息患者の症状増悪頻度を減少させる効果がある
とされている。

オマリズマブは、喘息治療の国際指針であるGINA2008において、
Step5の治療選択肢として位置付けられ、コントロール不良追加薬剤として、
経口ステロイドとともに並ぶ。

投与開始16週間後の平均PEF値をオマリズマブ(164人)とプラセボ(151人)で
比較すると、その差がオマリズマブ群で有意に改善していた。
また、喘息の増悪発現率についても、プラセボが11%(164人中18人)に対し
オマリズマブ群が4%(151人中6人)と、有意差が認められた。

e0156318_15271970.jpg


●ゾレア
・用法・用量
 皮下注投与量は,患者の体重および総血清IgE濃度に応じて、
 1回150~300 mgを4週間毎に1回から,1回225~375 mgを2週間毎に
 1回までと異なる。

・作用機序
 多くの喘息患者では,アレルギー成分が,肥満細胞および好塩基球の受容体に
 結合した抗原特異的IgEを介して,ヒスタミン,ロイコトリエン,その他メディエーター
 を遊離し,粘膜の炎症や気道平滑筋の痙攣を増加させる。オマリズマブは循環血中
 遊離IgEと複合体を形成し,IgEが肥満細胞および好塩基球に結合するのを防止し
 その結果メディエーターの遊離を防ぐ。

・薬物動態
 単回皮下投与後,7~8日間で最大血清濃度に達する。本剤は肝臓で分解され
 血清消失半減期は平均26日間である。血清中の遊離IgE濃度は,初回投与後
 1時間以内に用量依存性に低下する。推奨量を用いた場合,次の投与までの間
 持続する遊離IgE濃度の低下は96%を超えると報告されている。
 本剤の投与を中止すると,遊離IgE濃度は約1年で治療前の値に戻る。

by otowelt | 2009-01-22 15:28 | 気管支喘息・COPD

エリスロマイシンによるCOPD急性増悪予防効果

e0156318_14201571.jpg

Terence A. R. Seemungal, Tom M. A. Wilkinson, John R. Hurst, Wayomi R. Perera, Ray J. Sapsford, and Jadwiga A. Wedzicha Long-term Erythromycin Therapy Is Associated with Decreased Chronic Obstructive Pulmonary Disease Exacerbations  Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2008; 178: 1139-1147

中等症~重症のCOPD患者(平均%FEV1 49%)にエリスロマイシン250mgを1日2回投与し、12ヶ月間の急性増悪の頻度などを対照群を比較した試験。
マクロライド少量持続投与はCOPD患者の急性増悪の頻度と持続期間を有意に減少させたという結果が出た。ウイルス感染の予防効果??

これも最近の論文だが、アジスロマイシンが肺胞マクロファージの貪食能を増加させたとの報告(Am. J. Respir. Crit. Care Med. 2008; 178: 139-148.)もある。

antibiotic effectとは別の経路からの予防効果と現在は考えられているらしい。

by otowelt | 2008-12-11 14:22 | 気管支喘息・COPD