カテゴリ:びまん性肺疾患( 296 )

ダプトマイシンによる好酸球性肺炎

e0156318_1872356.jpg 呼吸器科でダプトマイシンを使うことはほとんどありませんが。一度キュビシン®を使用している患者さんのGGOを紹介されたことがあります。

Uppal P, et al.
Daptomycin-induced eosinophilic pneumonia - a systematic review.
Antimicrob Resist Infect Control. 2016 Dec 12;5:55.


背景:
 好酸球性肺炎は肺に好酸球が増加する疾患であり、時に血流にも増多がみられる。ダプトマイシンと関連した好酸球性肺炎の報告が複数ある。

方法:
 システマティックレビューを行い、ダプトマイシン使用と関連した好酸球性肺炎の症例を同定した。信頼性のある研究をPubMedなどの電子データベースから抽出した。全症例について、年齢、疾患適応、臨床所見、客観的所見、治療、アウトカムを評価した。非英語文献は除外した。
 
結果:
 35人の症例が解析に組み込まれた。ダプトマイシンによる好酸球性肺炎は83%が男性で、ほとんどが高齢者だった(平均年齢65.4±15歳)。ダプトマイシンの用量は4~10mg/kg/日とばらつきがみられ、ほとんどの症例では腎機能障害がみられた。平均ダプトマイシン投与期間は2.8±1.6週だった。94%の患者が呼吸困難感、57%の患者が発熱を呈し、末梢血好酸球増多は77%、胸部CTおよびレントゲン写真上の浸潤影は86%にみられた。ダプトマイシン中断によって症状は改善した(24時間~1週間の経過)。66%の患者は、ステロイドを処方された。

結論:
 ダプトマイシン投与中に呼吸困難感や発熱を呈した症例では、好酸球性肺炎を考慮すべきである。


by otowelt | 2017-02-06 00:58 | びまん性肺疾患

強皮症関連間質性肺疾患における咳嗽は治療により軽減

e0156318_1521417.jpg ILDの咳嗽治療ほど悩ましいものはありません。

Donald P. Tashkin, et al.
Improved cough and cough-specific quality of life in patients treated for scleroderma-related interstitial lung disease (SSc-ILD): Results of Scleroderma Lung Study II
Chest. 2016. doi:10.1016/j.chest.2016.11.052


背景:
 咳嗽はよくみられる強皮症関連間質性肺疾患(SSc-ILD)の頻度の高い症状であるが、他のSSc-ILDの特徴との関連性、咳嗽特異的QOL、治療反応性については詳しく検討されていない。

方法:
 われわれは、Scleroderma Lung Study II(ミコフェノール酸モフェチル[MMF]あるいは経口シクロホスファミド[CYC]のILD治療効果を比較したランダム化比較試験)に登録されたSSc-ILD患者142人の咳嗽について調べた。
 頻繁な咳嗽がQOLに及ぼす影響はLCQスコアを用いて治療に反応して咳嗽頻度が変化したかどうかを調べ、またGERDと咳嗽の関連性について調べた。

結果:
 ベースラインで頻繁に咳嗽がみられたのは61.3%であった。彼らは有意に呼吸困難症状が強く、胸部HRCTでILDの分布が広範囲であり、DLCOが低く、GERD症状が多かった。咳嗽特異的QOLは咳嗽がみられた患者ではやや阻害されていた(総LCQスコア15.4±3.7)。頻繁に咳嗽がみられる頻度は2年間の治療においてCYC群44%、MMF群41%にまで減少した。この減少はGERDやILDの重症度と相関がみられた。

結論:
 SSc-ILD患者では頻繁に咳嗽がみられ、GERDやILDと相関がみられ、治療によって咳嗽の頻度が減少することが分かった。頻繁な咳嗽はSSc-ILDの臨床試験における治療反応性の有用なサロゲートマーカーになるかもしれない。


by otowelt | 2017-01-13 00:42 | びまん性肺疾患

INPULSIS試験サブグループ解析:日本人IPF患者に対するニンテダニブの有用性

e0156318_7331272.jpg 日本人に対するオフェブ®のサブ解析の結果です。

Azuma A, et al.
Nintedanib in Japanese patients with idiopathic pulmonary fibrosis: A subgroup analysis of the INPULSIS® randomized trials.
Respirology. 2016 Dec 20. doi: 10.1111/resp.12960. [Epub ahead of print]


背景および目的:
 IPFは、慢性の進行性線維性間質性肺炎の一型である。プラセボと比較してニンテダニブは努力性肺活量(FVC)の年間減少率を有意に抑制することが2つのINPULSIS試験において示されている。われわれは、日本人患者におけるニンテダニブの効果と安全性について調べた。

方法:
 われわれは、事前に規定したINPULSIS試験の日本人サブグループ患者においてFVC年間減少率、初回の急性増悪(AE)までの期間、ベースラインからのSGRQスコアの変化、安全性を調べた。

結果:
 登録患者638人中78人がニンテダニブ群の日本人、423人中50人がプラセボ群の日本人だった。日本人患者における結果は、INPULSIS試験全体と変わらなかった。日本人において、補正FVC年間減少率はニンテダニブ群で-135.9 mL/年、プラセボ群で-267.7 mL/年だった(差131.9mL、 95%信頼区間50.7~213.1 mL/年)。初回AEまでの期間についてもINPULSIS試験と同様(ハザード比0.25、95%信頼区間0.06~1.02)、ベースラインからの52週までのSGRQスコアの変化についても同様だった(差-3.87、95%信頼区間-8.51~0.76)。ニンテダニブ群では、下痢と肝障害がもっともよくみられた副作用イベントであったが、用量減量・中断・対症療法によって可逆性がみられた。

結論:
 この研究により、日本人患者におけるニンテダニブの効果と安全性が示され、またINPULSIS試験全体の結果と同程度であった。


by otowelt | 2017-01-11 00:36 | びまん性肺疾患

AETHER試験:IPFに対するヒト間葉系幹細胞静注療法

e0156318_22194053.jpg 2014年にRespirologyでもMSCの報告がされています。

・特発性肺線維症に対する胎盤由来間葉系幹細胞の投与の安全性について

Glassberg MK, et al.
Allogeneic human mesenchymal stem cells in patients with idiopathic pulmonary fibrosis via intravenous delivery (AETHER): a phase I, safety, clinical trial.
Chest. 2016 Nov 24. pii: S0012-3692(16)62462-5. doi: 10.1016/j.chest.2016.10.061. [Epub ahead of print]


背景:
 最近FDAはIPFに対して2つの薬剤を承認したが、治癒可能な治療法はいまだに存在せず疾患死亡率は高い。臨床前および臨床データによってヒト間葉系幹細胞(MSC)が潜在的な新規治療法として報告されている。AETHER試験は、IPF患者に対する骨髄由来MSCの単回静注の安全性を評価した初めての臨床試験である。

方法:
 9人の軽症~中等症IPF患者が連続して3つのうちの1つのコホートに登録され、非近親の若年男性ドナーから得られたMSCを単回静注(20×106、100×106、200×106)された。すべてのベースライン患者データは、多面的研究チームによってレビューされた。プライマリエンドポイントは、治療による重篤な有害事象の発生とした(死亡、非重篤肺塞栓、脳卒中、呼吸困難による入院、臨床的に有意な検査データ異常)。

結果:
 治療関連の重篤な有害事象は報告されなかった。2つの治療と関連しない死亡がみられ、これはIPFの進行であった。静注後60週までに、平均3.0%の%努力性肺活量の減少がみられ、平均5.4%の%DLCOの減少がみられた。

結論:
 軽症~中等症IPFの患者においてヒトMSC静注は安全に実施できると考えられる。

by otowelt | 2016-12-22 00:36 | びまん性肺疾患

過敏性肺炎における血清YKL-40値は有用な予後予測バイオマーカー

e0156318_10412991.jpg キチナーゼは、Th2性炎症に対して重要な役割を果たすことが知られています。

Long X, et al.
Serum YKL-40 as predictor of outcome in hypersensitivity pneumonitis.
Eur Respir J. 2016 Nov 11. pii: ERJ-01924-2015.


背景:
 YKL-40はキチナーゼ様タンパクで、マクロファージ、好中球、上皮細胞から産生され、特に特発性間質性肺炎やサルコイドーシスで上昇する。

方法:
 われわれは過敏性肺炎におけるバイオマーカーとしてのYKL-40の役割を調べた。72人の過敏性肺炎患者、100人の間質性肺疾患のコントロール患者、60人の健康コントロール患者を調べた。YKL-40は血清および気管支肺胞洗浄液(BALF)においてELISAを用いてベースラインとフォローアップ時に調べた。YKL-40値と臨床的アウトカム、疾患アウトカムの関連性が評価された。

結果:
 ベースラインのYKL-40値は、健康コントロール患者よりも過敏性肺炎患者で有意に高かったが(p<0.001)、他の間質性肺疾患患者よりは低かった。過敏性肺炎患者におけるベースラインのBALF中YKL-40値は間質性肺疾患の中で最も高かった。過敏性肺炎の患者では、血清YKL-40値はベースラインおよび経過中のDLCOと相関がみられた。疾患が進行したり死亡した過敏性肺炎患者ではベースラインYKL-40値はそれ以外の過敏性肺炎患者よりも高かった(p<0.001)。
 カットオフ値を119 ng/mLとすると、ベースラインの血清YKL-40値は疾患進行を有意に予測した(ハザード比6.567、p<0.001)。またカットオフ値を150 ng/mLにすると、死亡と有意に関連がみられた(ハザード比9.989; p<0.001)。

結論:
 過敏性肺炎患者における血清YKL-40値は有用な予後予測バイオマーカーである。

by otowelt | 2016-12-08 00:31 | びまん性肺疾患

プール解析・メタアナリシス:IPFに対するピルフェニドンはプラセボと比較して死亡率の相対リスクを減少

e0156318_9301181.jpg Nathan医師の論文です。

Steven D Nathan, et al.
Effect of pirfenidone on mortality: pooled analyses and meta-analyses of clinical trials in idiopathic pulmonary fibrosis
Lancet Respiratory Medicine, DOI: http://dx.doi.org/10.1016/S2213-2600(16)30326-5


背景:
 IPFの臨床試験において、全死因死亡率は低い。そのため、前向きに死亡率を検証することは論理的に厳しく、プール解析やメタアナリシスで妥当化するほかない。われわれは、ピルフェニドンとプラセボを比較した臨床試験のプール解析とメタアナリシスを実施し、120週におよぶ死亡アウトカムに対するピルフェニドンの影響を同定した。

方法:
 ピルフェニドンとプラセボを比較した第3相ランダム化試験(CAPACITY004、006試験[72~120週]、ASCEND試験[52週])のプール解析をおこない、52週、72週、120週時点での全死因死亡率、治療による全死因死亡率、IPF関連死亡率、治療によるIPF関連死亡率を調べた。また、これら3試験のデータに加え、2つの日本の臨床試験(塩野義第2相試験[SP2]、同第3相試験[SP3][36~52週])のデータも加味してメタアナリシスを実施した。

結果:
 52週時点において、ピルフェニドン群はプラセボ群よりも4つの死亡率アウトカムの相対リスクを有意に減少させた(全死因死亡率ハザード比0.52 [95%信頼区間0.31–0.87; p=0.0107]; 治療による全死因死亡率ハザード比0.45 [95%信頼区間0.24–0.83; p=0.0094]; IPF関連死亡率ハザード比0.35 [95%信頼区間0.17–0.72; p=0.0029]; 治療によるIPF関連死亡率ハザード比0.32 [95%信頼区間0.14–0.76; p=0.0061])。プール解析と同じく、メタアナリシスにおいてもこれら52週時点での死亡率は有意にリスクが低かった。120週におよぶ解析でも、ピルフェニドンは治療による全死因死亡率(p=0.0420)、IPF関連死亡率(p=0.0237), 治療によるIPF関連死亡率(0.0132)に対する有意な効果が観察された。

結論:
 複数の解析アプローチにおいて、ピルフェニドンはプラセボと比較して120週におよぶ死亡率の相対リスクの減少と関連していた。

by otowelt | 2016-12-06 22:42 | びまん性肺疾患

除脂肪量指数(FFMI)はIPFの生存の独立予測因子

e0156318_9301181.jpg 興味深い研究です。

Nishiyama O, et al.
Fat-free mass index predicts survival in patients with idiopathic pulmonary fibrosis
Authors
Respirology, 21 November 2016


背景および目的:
 除脂肪体積といった身体組成はIPF患者では研究されていない。われわれは、除脂肪量指数(FFMI)や除脂肪体重が生存を予測するかどうか調べた。

方法:
 44人のIPF患者を登録した。身体組成は部位別直接多周波数測定法を用いて調べた。身体組成と他の因子(努力性肺活量[FVC]や生存)の相関の度合いを調べた。

結果:
 FFMIとFVC、DLCO、6分間歩行距離には正の相関がみられた。また、年齢とは逆相関がみられた。しかしながら、FFMIと%FVC、%DLCOには有意な相関は観察されなかった。平均生存期間は837.5±407.5日であった。単変量Cox比例ハザードモデルを用いてるとBMI以外の因子は生存と関連がみられた。多変量モデルではFFMI(ハザード比0.64、95%信頼区間0.43-0.94、p=0.02)、%FVC(ハザード比0.96、95%信頼区間0.93-0.99、p=0.008)は有意な因子であった。

結論:
 FFMIはIPF患者の生存に対する有意な独立予測因子であった。

by otowelt | 2016-12-02 00:11 | びまん性肺疾患

高齢者の間質性肺疾患はunclassifiable ILDが多い

e0156318_1543237.jpg 高齢者におけるunclassifiable ILDというのは老化現象の一端をみているのではないか、とも思います。

Patterson KC, et al.
Interstitial Lung Disease in the Elderly.
Chest. 2016 Nov 16. pii: S0012-3692(16)62347-4. doi: 10.1016/j.chest.2016.11.003. [Epub ahead of print]


背景:
 IPFと年齢の関連性が指摘されているが、高齢者における間質性肺疾患(ILD)の疫学についてはほとんどわかっていない。ここで、われわれはILD診断時に高齢者だった患者のILD診断、臨床的背景、アウトカムについて記述した。

方法:
 ILD前向きコホート研究の被験者のうち、70歳を超える患者を高齢者と定義した。診断は、多面的におこなわれた。高齢者と非高齢者をχ二乗およびANOVAを用いて比較した。

結果:
 327人のうち、80人(24%)が高齢者だった。高齢者のほとんどは白人男性だった。その診断の多くがunclassifiable ILD(45%)、IPF(34%)、過敏性肺炎(8%)、膠原病関連ILD(11%)だった。unclassifiable ILDの高齢者のほとんど(74%)がinconsistent with UIPパターンのILDであった。肺機能や3年生存率については高齢者と非高齢者群では有意な差はみられなかった。

結論:
 IPFは単一ではもっともよくみられる診断であるが、高齢者では非IPF-ILDが多かった。unclassifiable ILDは高齢者ではもっともよくみられたが、画像的にはinconsistent with UIPパターンが多かった。

by otowelt | 2016-12-01 00:55 | びまん性肺疾患

初期評価で蜂巣肺がみられないIPF患者の臨床経過

e0156318_1543237.jpg 外科的肺生検でUIPと診断されている、蜂巣肺がみられないIPFの症例の報告です。非常に興味深いです。

Yamauchi H, et al.
Clinical Course and Changes in High-Resolution Computed Tomography Findings in Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis without Honeycombing.
PLoS One. 2016 Nov 9;11(11):e0166168. doi: 10.1371/journal.pone.0166168. eCollection 2016.


背景:
 IPFの患者の幾人かは、初期評価において胸部HRCTで蜂巣肺を有さない。その臨床経過や胸部HRCTの経時的変化はよく分かっていない。

方法:
 われわれは日本各地の登録施設において、初期評価の胸部HRCTで蜂巣肺を有さないIPF患者43人を登録した。すべての患者は外科的肺生検でIPFと診断された。他の疾患を除外すべく、2011~2014年に5回にわたり多面的討論がなされた。IPF患者30人において胸部HRCTの経時的変化を評価した。30人の患者は胸部HRCTを3パターンに分類し、その臨床的特徴や予後を明らかにした。30人のIPF患者は2011年の国際ステートメントに記述されたpossible UIPパターンに相当する。

結果:
 長期フォローアップ(71.0±38.7ヶ月)において、蜂巣肺は16人(53%:蜂巣肺群)に出現し、牽引性気管支拡張あるいは蜂巣肺を伴わない嚢胞は12人(40%:非蜂巣肺群)に出現し、2人は変化がみられなかった(7%:変化なし群)。
 蜂巣肺群と非蜂巣肺群の平均生存期間は、それぞれ67.1ヶ月、61.2ヶ月であった(p = 0.76)。胸部HRCTで蜂巣肺がないが慢性的に進行するIPF患者が存在した。

結論:
 初期評価において蜂巣肺がみられないIPF患者において、フォローアップ中に胸部HRCTで蜂巣肺が出現しても予後には影響がみられないかもしれない。

by otowelt | 2016-11-25 00:14 | びまん性肺疾患

慢性過敏性肺炎に対するセルセプト®あるいはイムラン®の有効性

e0156318_1063321.jpg 膠原病肺の治療でもセルセプト®の名前をよく耳にするようになりました。
 CHPの論文をみたとき、本当にCHPなのかよく吟味する必要があります。どのくらいIIPsや膠原病関連ILDが含まれているのか・・・。

Morisset J, et al.
Use of mycophenolate mofetil or azathioprine for the management of chronic hypersensitivity pneumonitis.
Chest. 2016 Nov 2. pii: S0012-3692(16)62296-1.


背景:
 慢性過敏性肺炎(CHP)の治療はしばしば全身性ステロイドが用いられるが、その適切な薬物マネジメントは不明である。プレドニゾンによる合併症の懸念から代替治療の発展が望まれている。われわれは、CHP患者の肺機能に対するミコフェノール酸モフェチル(MMF)あるいはアザチオプリン(AZA)の治療効果を比較した。

方法:
 CHP患者でMMFあるいはAZAで治療された患者を後ろ向きに4施設から登録した。肺機能の変化、治療前後の変化が線形混合効果モデルを用いて解析され、年齢、性別、喫煙歴、プレドニゾン使用歴によって補正された。

結果:
 70人の患者が登録され、51人がMMF、19人がAZAを使用した。フォローアップ期間中央値は11ヶ月であった。治療開始前のフェーズでは、%努力性肺活量および%DLCOはそれぞれ1ヶ月ごとに0.12%、0.10%減少した(いずれもp<0.001)。MMFあるいはAZAの治療は努力性肺活量の改善とは関連していなかったが(1年時+0.5%, p=0.46)、DLCOは1年後有意に改善していた(+4.2%、p<0.001)。
 結果はMMFを1年治療されたサブグループ患者群でも同等であった(努力性肺活量+1.3%、p=0.103、DLCO+3.9%、p<0.001)

結論:
 CHP患者に対するMMFあるいはAZAはDLCOの改善と関連している。CHPに対する効果を検証するために前向きランダム化比較試験の実施が望まれる。

by otowelt | 2016-11-17 00:48 | びまん性肺疾患